2019年08月14日 江戸川区球場

東練馬シニアvs橿原ボーイズ

ジャイアンツカップ2019 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


東練馬シニアの4番・宮原慶太郎は懐の深い打撃を見せた

 東練馬シニアの徳元敏監督は、今年のチームを「大技が無い分、全員野球で戦ってきた」と評すが、それでも能力の高さが伝わってくる選手もいる。

 3番に座る小島慎也は、パワーとミート力を兼ね備えた隙のない打者だ。3回の攻撃では、1点差に迫るライト前タイムリーを放ち、また6回にはライトフェンス直撃のツーベースを放つなど、随所で打撃センスを発揮。
 また、小島は守備の要である遊撃手も任されており、この日も危なげない守備を披露した。身体能力の高さを感じさせるプレーヤーだ。

 そして、その後ろの4番を打つ宮原慶太郎も懐の深い打撃を見せる好打者だった。
 173センチ・70キロとバランスの良い体格から、広角に鋭い打球が打てるところが特徴で、3回の攻撃では右打者でありながら、ライトオーバーのタイムリースリーベースを放ってチームに勢いをもたらした。

 軸となる選手活躍で試合の主導権を握った東練馬シニアは、その後も得点を重ねて結局試合は7対4で勝利。昨年に続いて、準決勝進出を決めた。



敗れた橿原ボーイズは悔しさを滲ませた

 4点を先制しながらも、中盤の集中打で逆転負けを喫した橿原ボーイズ。試合後、古谷武士監督は継投の難しさを口にしつつ、最後まで粘り強く戦い抜いた選手たちを称えた。

 「逆転される前に継投が出来ていれば、5点も取られることはなかったかもしれません。私の継投ミスです。
 ただ、選手たちは2次予選くらいから私の手を離れて、こいつらどこまでやるんだろうという戦いを見せてくれました。本当によくやってくれました」

 ジャイアンツカップ2019も、いよいよベスト4が出揃った。ベスト4に残ったのは。東練馬シニア、八王子シニア、世田谷西シニア、浦和シニアと、すべて関東のシニアのチームだ。
 東練馬シニアは15日の準決勝で、シニア日本選手権優勝チームの浦和シニアと対戦する。

 決勝の東京ドームで決勝を戦うのはどのチームなのか、最後まで目が離せない。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
元ヤクルト宮本氏がLINEで技術指導 東練馬シニアは「保護者への恩返し」を目指して自粛期間を過ごす 【ニュース - 中学野球関連】
U-15日本代表選手の中から注目の4名をピックアップ それぞれの特徴と将来性は? 【ニュース - 高校野球関連】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る