2019年08月13日 市川市国府台球場

静岡裾野シニアvs京葉ボーイズ

ジャイアンツカップ2019 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


137キロ右腕の山口凱矢(静岡裾野シニア)

 そして6回からマウンドに登った山口は、噂通りの速球派投手であった。
 前日にジャイアンツ球場で行われた、糸島ボーイズとの1回戦では135キロを記録しており、この試合でも圧のある直球で2イニングをピシャリと抑えた。
 昨年から怪我が続いていたと話す山口だが、大舞台に合わせてしっかりと結果を残した。

 投手陣の好投に打線も後押しされ、試合は序盤から静岡裾野シニアのペースで進む。
 2回表、静岡裾野シニアは二死二塁のチャンスを作ると、8番・大橋優太がレフト前ヒットを放って送球が逸れる間に2塁ランナーが生還。さらにその後、二死一、三塁の場面から、1番・北嶋優希哉がライトフェンス直撃のタイムリースリーベースを放ってさらに2点を追加する。
 静岡裾野シニアは4回、5回にも追加点を挙げて、試合の主導権を握った。



敗れたが京葉ボーイズのリリーフのマウンド立った伊藤地宏も左の好投手であった

 反撃したい京葉ボーイズは、5回裏に無死一、三塁のチャンスを作り、犠牲フライを狙ったが、静岡裾野シニアのセンター・大橋建仁のバックホームに阻まれ、得点を挙げることが出来ない。
 結局試合はそのまま5対0で静岡裾野シニアが勝利し、準々決勝進出を決めた。

 「中学5冠」を目指した京葉ボーイズを、高いレベルの投打で抑え込んだ静岡裾野シニアだが、試合後に静岡裾野シニアの松川良監督は、リトルシニアトップレベルのチームとしてのプライドがあったことを明かした。

 「相手も良いチームでしたが、こちらも昨年夏の優勝、春の準優勝チームというプライドがありました。今年の夏の選手権は出場できなかったので、モチベーションも高く、準備期間もありました。ミスなく戦えたことが良かったと思います」

 勝った静岡裾野シニアは、14日の準々決勝で八王子シニアと激突する。
 関東の強豪シニア同士の対決に注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
3年間で全国制覇3度。京葉ボーイズが「勝利」と「育成」を両立させた3つの取り組みに迫る! 【ニュース - コラム】
第35回 3年間で全国制覇3度。京葉ボーイズが「勝利」と「育成」を両立させた3つの取り組み【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
U-15代表4番に142キロ右腕!高校野球ドットコムで取材した中学球児から12名をピックアップして紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 U-15代表4番、142キロ右腕など高校野球の世界に飛び込んだ12人のスーパー中学生たち【中学野球逸材コラム】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第988回 【U-15アジアチャレンジマッチ総括】ほとんどが強豪校内定のU-15代表。「未来の甲子園のスター」は何人出るか?!【大会展望・総括コラム】
第963回 松坂を育てた指揮官も絶賛!関東きっての韋駄天 今井海斗(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第866回 身体能力抜群の2年生スラッガー・海老根優大(京葉ボーイズ)U-15代表入りへ決意を語る 【2019年インタビュー】
第850回 卓越した守備力でU-15日本代表入り!齋藤広空(京葉ボーイズ)の「守備美学」に迫る! 【2018年インタビュー】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る