「打倒・奥川!」を掲げ育て続けた打線でリベンジを成功させ、初優勝をもたらした



初優勝を決めた履正社ナイン 写真:共同通信

 星稜奥川 恭伸(3年)、履正社[/team]、清水 大成(3年)の両先発は1回、ともにストレートが走り、いい出来だった。清水は下半身が躍動し、気持ちが乗っているのが見ているだけでわかった。とくにキレがよかったのはスライダーで、斜めに変化する中に余分な横変化がなく、1回裏、星稜の1、2番打者はこのスライダーにあえなく空振りの三振に倒れた。

 不安だったのはストレートで、球は走っていたが、腕の振りからワンテンポ遅れてボールが出てくる持ち味が失われていた。体の躍動が持ち味を邪魔していたのである。2回裏、4番内山 壮真(2年)が137キロのストレートをレフト前ヒットに弾き返し、この走者をバントで二塁に送り、7番岡田 大響(3年)が132キロのストレートを左中間に運び、1点を先制した。

 奥川は1回表、10球中150キロ以上のストレートが4球あった。調子は万全に思えたが、150キロ超えが2回は2球、3回は1球に減っていった。3回は2死を取ったあと2番履正社(2年)、小深田 大地(2年)にフルカウントから四球を与え、4番井上 広大(3年)に初球スライダーをセンターバックスクリーンに運ばれ、逆転を許した。

 ここで注目したいのが四球を選んだ池田、小深田のバッティングフォームだ。ともに小さい動きで打つ直前の〝トップ″という形を作るのだが、ピッチャーから見ればタイミングを合わされているように見え、簡単にストライクを取りに行けない。このタイプの打者が履正社には池田、小深田以外にも1番桃谷 惟吹(3年)、8番野上 聖喜(3年)がいて、ホームランを打った井上もこの日は慎重にタイミングを取っていた。一発狙いでは奥川を捉えられないと確実性を重視した打ち方に変えたことがホームランにつながったのだろう。

 星稜は7回裏、先制打を放った岡田が四球で歩き、1死後、9番山瀬 慎之助(3年)が135キロのストレートを左中間に運び1点差に迫り、2死後、3番知田 爽汰(2年)がストレートを捉えてライト前に運び同点とし、ここで清水をマウンドから引きずり下ろした。

 2番手の岩崎 峻典(2年)は交代直後、腕が縮んでいるように見えた。4番内山に四球を与え満塁のピンチを迎えた。星稜側から見ればここが勝利に最も近づいた場面だったが、5番大高 正寛がセカンドフライに倒れ、チャンスを生かせなかった。

 ここを凌いだ履正社は8回表、5番内倉 一冴(3年)が二塁打で出塁し、次の打者がバントで送って1死三塁とし、7番野口 海音(3年)が151キロをセンター前に弾き返して1点勝ち越し、9番岩崎が148キロをレフト前にクリーンヒットを放って1点を追加した。準決勝まで防御率0.00で来た奥川は151キロ、148キロのストレートを打たれたのだから、履正社の打線が上回ったと言っていいだろう。試合後、岡田龍生監督はインタビューで「奥川くんにチームを大きくしてもらった」と言っていた。センバツ大会初戦、3安打、17三振で抑えられて以来、「打倒、奥川!」を合言葉に練習を積んできたが、その執念が優勝につながった。