2019年08月18日 阪神甲子園球場

中京学院大中京vs作新学院

第101回全国高等学校野球選手権大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

中京学院大中京が元の満塁本塁打で逆転勝利!



元謙太(中京学院大中京)※提供=共同通信社

 またも中京学院大中京が逆転勝利を収めた。これで4試合連続の逆転勝利。186センチの大型右腕・元 謙太が好投が光った。

 左足をゆったりと上げて、真上から振り下ろすフォーム。力感がなく、柔らかい腕の振りが特長。常時130キロ前半~130キロ中盤(最速138キロ)のストレートは切れがあり、カーブ、スライダーを丁寧に投げ分ける。過去2試合の中では最も安定感があった。

 エース・不後 祐将とは寮が相部屋で、3回戦の東海大相模戦ではリリーフで投げたものの、途中降板して、不後がマウンドに登る形になっていたことに申し訳なさを感じていた。

 元にとってエース・不後は憧れの存在。入学から不後の元で学んできた。寮では元は不後にいろいろ相談しており、「不後さんはお兄さん的存在です」と語れば、不後も「弟みたいな奴ですね。かわいいやつです。いろいろ話しますよ」と語る。

 そんな元はこの試合では好打者揃いの作新学院相手にもコントロールに気を付けて、無失点に抑えていた。

 さらに初戦で猛打賞を打つなど打撃もよい元は、8回裏の無死満塁の逆転満塁本塁打。この満塁本塁打について元は「これは僕が打ったものではないです。3年生たちが打席に入る前、笑顔、笑顔といって声をかけくださって。最初は詰まったかなと思ったのですが、良い飛び方をしたので、入るかなと思いました」と振り返った。

 1年後には常時140キロ台も見えてくる期待の本格派の投球と進化が見逃せない。

【次のページ】 両チームの個人成績

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
悔しさを来年へ 先輩たちの魂を継承した横山陽樹の最後の1年が始まった 【ニュース - インタビュー】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
U-18野手陣は走攻守すべてにおいて課題 世界一への道は、野手の成長が最重要 【ニュース - コラム】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第20回 全国舞台の活躍は折り紙付き 横山 陽樹(作新学院)は寡黙にこなす仕事人【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1033回 静かに剣を研ぐ伸び盛りの2年生 作新学院・横山陽樹が実践力の高さをアピール 【2019年インタビュー】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第54回 ベスト4で唯一、完投なし。なぜ中京学院大中京は3人以上の継投をするチームになったのか?【101回大会特集】
中京学院大中京vs東海大相模【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs岡山学芸館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs北照【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第949回 「勝ち進む中での自信」と「新しい球種」を踏み台に一つ上のステージへ 松倉亮太(佐野日大)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 「打倒・作新」を胸に「制球力とキレ」を磨き続けた 松倉亮太(佐野日大)【前編】 【2019年インタビュー】
第435回 作新学院高等学校 今井達也選手 「我慢強さが呼び込んだアジア制覇!」  【2016年インタビュー】
作新学院 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

作新学院作新頑張れ!ありあり 2019.08.18
毎年、楽しみにしております。

今日も全力で悔いのないよう、頑張って下さい。
中京学院大中京中京応援だな吉本洋右,須田和城 2019.08.17
岐阜県瑞浪市、中京学院大中京高
応援してるぞ

三年前、吉川尚輝選手(現:読売巨人内野手)を擁して全日本大学野球選手権で優勝を決めた中京学院大の刺激も受けたいね

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る