関東一・渋谷 5安打の活躍でベスト8入りへ貢献



渋谷 嘉人(関東一)

 関東一vs鶴岡東の一戦は延長戦の末、。そんな中関東一が制した。

 主将・渋谷 嘉人が攻守で冴え渡るパフォーマンスを見せている。

 まず1回裏、二死からレフトの頭を超える二塁打を放つなど、チャンスメイク。第2打席でも中前安打を放った渋谷は7回裏、2番・重政 拓夢の二塁打で一死二塁の場面で打席が回ってくると、センターの頭を超える適時二塁打を放ち、5対6の1点差。すると、続く4番平泉 遼馬の左前安打で、渋谷はスタートよく切って、一気に生還。同点のホームを踏む。

 さらに9回裏には右越え二塁打、11回裏には右越え三塁打と5安打の大活躍だった。渋谷は「こんなに打ったのも、こんなに右方向に打球が伸びたのは初めてです」と渋谷自身も驚きの結果。

 好調の秘訣について渋谷は「うまくボールをひきつけて打てているのが大きいと思います」と振り返る。以前よりもボールを手元まで呼び込んで打てており、コンタクト力が上がってきた。

 米澤監督も「こんなに打つとは思いませんでしたが、春から本当に成長した選手だな」と成長ぶりをたたえた。

 渋谷といえば堅い守備を持ち味にする好ショートで、今大会でもヒット性と思わせる打球に追いつき、アウトを演出するなど、守備面の貢献度は大きかった。そして課題だった打撃も甲子園では力強さを見せている。

 敗れた鶴岡東で光ったのはエース・池田 康平。「3試合で一番良かった」と語るように、常時130キロ後半(最速139キロ)の速球は最も勢いがあり、角度があった。縦振りでしっかりと投げられており、エースとしての存在感を感じた。
「悔いがあるとすれば、サヨナラ打の1本だけです」とそれぐらい池田のピッチングは素晴らしかった。試合には敗れたが、池田はやり切った表情をしていた。