2019年08月16日 阪神甲子園球場

八戸学院光星vs海星

第101回全国高等学校野球選手権大会 三回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

八戸学院光星、打撃戦を制する 強打の捕手・太山 速球派・江越をピックアップ



太山皓仁(八戸学院光星) 

 サヨナラ勝ちを見せた八戸学院光星。その中でも正捕手・太山 皓仁は捕手として複数投手陣の持ち味を引き出す好リード。さらに二塁まで1.90秒~2.00秒を計測するスローイングはコントロールもよく、首脳陣からの評価は高い。

 そして打者としても活躍を見せる。

 現在、8番打者ではあるが、昨秋の明治神宮大会では5番打者として出場しており、打力そのものはクリーンナップとひけをとらないものがある。海星戦で3回裏の第2打席では甘く入った113キロのスライダーを手元まで呼び込んでライトスタンドへ打ち込む本塁打を放ち、1点差に追い詰める。

 そして4回裏には146キロ右腕・江越 永輝 が投じた外角の140キロストレートを叩いて、レフトの頭を超える適時二塁打。しっかりとインステップで踏み込んで、腰を綺麗に回転させた理想的な打ち方、打球では強打者としての一面を見せた。

 この場面について太山は「本塁打の場面でも先頭打者として出塁するつもりで、そのあとのタイムリーも次につなぐつもりで打ったので、思ったより打球が伸びていて驚いています」
 予想以上の手ごたえがあったようだ。

 9回表まで6対6と接戦となった海星戦。その裏に下山 昂大のサヨナラ打でチームはベスト8進出を決めたが、太山は4打席3打数2安打2打点1本塁打と貢献した。準々決勝の明石商相手に、強打のキャッチャーとして引き続き活躍できるのか注目だ。

 敗れた海星から荒々しい速球派が出てきた。

 その名は江越 永輝 長崎大会では5試合、18.2回を投げ、15奪三振、4失点を記録。140キロ台の速球を投げる右腕として評判が高かったが、八戸学院光星戦に登板した江越は前評判通りの速球を投げ込んだ。

 右スリークォーターから投げ込む直球は、常時135キロ~143キロで最速146キロを計測。力強い腕の振りから投げ込む速球は、威力抜群で大きな可能性を感じさせる。高校2年秋までは130キロ後半だったが、3年生になって140キロに到達。140キロに到達してからピッチングの幅が広がったと実感する。だからこそ立ち上がりの失点を悔やむ。そして120キロ後半のスライダーも打者の手元で大きく曲がり、外角ぎりぎりのストライクゾーンから曲がると、簡単に三振が奪える。このスライダーは横に大きく曲がるスライダーで、本人も自信にしている。

 課題は高めに浮くボールも多いこと。粗削りさはあるが、ここ一番で決まるストレート、スライダーは素晴らしい。

 「今日はストレートの調子が良かったのですが、登板した4回で失点したのは、自分のブルペンの準備不足があったので、それは悔しかったです」

 その江越は遠戚に同校のOBであり、現在阪神タイガースに所属する江越 大賀。江越から甲子園出場時と初戦突破時に連絡をもらったようだ。親戚のホームグラウンドで投げられたことには「感慨深いものがあります」と笑顔を見せた。

 卒業後は大学で野球を続ける意向を見せた江越。果たして次のステージではより輝く速球派投手になることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
U-18野手陣は走攻守すべてにおいて課題 世界一への道は、野手の成長が最重要 【ニュース - コラム】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
「アップルパンチ」外崎修汰や種市篤暉は青森県2強「以外」の高校出身者 【ニュース - 高校野球関連】
第9回  試合に出たい!真剣に課題に向き合う野球小僧・武岡龍世(八戸学院光星)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
海星vs聖光学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs誉【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
広陵vs八戸学院光星 2【第91回選抜高等学校野球大会】
第884回 求道者・熊田任洋(東邦)が望むのは全国最多のV5!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ 【2019年インタビュー】
第830回 2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る 【2018年インタビュー】
第823回 脈々と受け継がれる八戸学院光星の右のエース像 後藤丈海(八戸学院光星) 【2018年インタビュー】
海星 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

遠路はるばる小俣恒雄 2019.08.15
両校とも、遠路はるばるお疲れ様です❗️台風の影響で応援団もバス移動が大変だったと思います。甲子園はまた暑さのぶり返しで、熱中症に気を付けて頑張って下さいね❗️此方もテレビで応援します‼️
八戸学院光星いけるよりんごちゃん 2019.08.15
優勝目指して頑張ってください!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る