2019年08月14日 阪神甲子園球場

関東一vs熊本工

第101回全国高等学校野球選手権大会 三回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

関東一の土屋が復活を印象付ける5失点完投



関東一が4年ぶりのベスト16!

 関東一の好投手・土屋 大和が粘り強い投球を見せた。

 日本文理戦では4回を投げて5失点。
 「あんなに土屋が打たれる姿はあまり見たことがない」とチームメイトがこぼすほど打たれてしまったが、熊本工戦では投球フォームの修正を行い、ゲームを作った。

 投球フォームを見ていくと、プレートの一塁側を踏み、左足をしっかりと上げていきながら、スムーズな体重移動から真上から右腕を振る右オーバーハンド。初戦では体が突っ込み気味で、もう一度、ためを作ることを意識した。

 ストレートの球速は常時135キロ~141キロ、さらに120キロ中盤のスライダー、フォークを低めに集め、要所を締めるピッチング。日本文理戦では外角に集まりすぎてしまい、そのボールを痛打されたが、熊本工戦では、内角を織り交ぜたり、カーブの割合を増やし、緩急をつけたり、間合いを変えたりと、工夫する姿勢が見て取れる。

 リードする野口 洋介も「以前の僕の配球も外に集まりすぎるところがあったので、内角で揺さぶったり、熊本工さんはストレートに強い情報がありましたので、変化球をうまく使って勝負できたと思います」
 バッテリーが協力しあってつかんだ夏2勝目だ。

 また関東一はクリーンナップ、ダブルエースが注目されるが、5月~6月の練習試合から結果を出してレギュラーをつかんだ重政 拓夢(2年)は50メートル6秒フラットの俊足外野手。さらにパンチ力を秘めた外野手で、横浜との親善試合及川 雅貴から安打を記録し、「あれは大きなモチベーションとなりました」とさらに強打、走塁に磨きがかかってきた。今は下位打線だが、秋以降では主力打者として活躍するのではないだろうか。それぐらい攻守の内容が充実している。

 また1年生ながらスタメン出場している初谷 健心は2試合連続安打。
「ずっと緊張しているんですけど、先輩からもっと楽しめといわれて楽になりました」

 初谷は打球も鋭く、三塁守備も大きなミスがなく、鋭いスローイングが魅力。攻守の力量はとても1年生のレベルとは思えない。今は単打中心だが、スイングの形が良いので、いずれは長打を量産する選手になるだろう。

 八王子シニア出身で、当時、チームメイトだった中京学院大中京小田 康一郎とは甲子園で再会。2人とも投手兼三塁手で、小田が投げるときは初谷が三塁、初谷が投げるときは小田が三塁という関係だった。米澤監督は「守れる選手」と評価して、春季大会後の練習試合からスタメン起用していたが、我慢強く起用したことが実ってきている。

 試合内容を見ると投手が制球力重視の投球を見せてゲームメイク。さらに堅い守備、相手の隙をつく走塁と関東一らしさが見えたゲームだった。

【次のページ】 両チームの個人成績表

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
関東一vs拓大一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
関東一、都立国立など8校が都大会出場決定!【秋季東京都大会 一次予選 14日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
今夏の甲子園に出場した関東一、國學院久我山がコールド発進!秋季東京都大会 一次予選4試合をレポート! 【ニュース - 高校野球関連】
関東一vs淑徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第52回 関東一伝統の「1番センター」を受け継ぐ大久保翔太。大ファインプレーは師匠の教えがあった【101回大会特集】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
熊本工vs山梨学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
第674回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を 【2018年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
熊本工 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

関東一8月14日PM1時15分でのメッツセージ寅 2019.08.14
後数分で試合が始まります。今日は甲子園にいけない為、テレビで応援します。いい試合を見せて下さい。元OB
関東一甲子園2回戦勝利へ!母校普通科卒業生母校後援会 2019.08.14
熊本工業は投手バランスとれた高校ですのでなかなか関東一高の攻撃難しいのではないかとそういうのも想定して攻撃のバッティングは自分で考えながらヒット、長打、本塁打を期待して応援しております。守備では1回から9回まで守備の定位置、フォーメーションを確認して再確認して無失点、最少失点で抑えられることを願い
必勝祈願で両手を合わせて応援しております。関東一高硬式野球部の父母の会皆様、後援会の皆様が応援しておりますので熱中症対策、風邪対策、日焼け対策、UVカット対策などきっちりして甲子園2回戦勝利を掴んで期待して応援しております。
ラブイズ関東一高硬式野球部。
関東一熊工戦関一OBやるぞう君 2019.08.13
打撃、機動力を生かして熊工に勝ってくれ!
頑張れ、関一!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る