2019年08月13日 阪神甲子園球場

星稜vs立命館宇治

第101回全国高等学校野球選手権大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

立命館宇治を翻弄した荻原吟哉の技巧派に近い味わい



好リリーフを見せた奥川恭伸(星稜)

 両校の先発は、立命館宇治が技巧派左腕の髙木要(3年)、星稜は好投手タイプの荻原 吟哉(2年)。星稜には今大会ナンバーワン投手の奥川 恭伸(3年)がいるので、甲子園球場に押し寄せた4万4000人の大観衆は拍子抜けしたと思うが、結果だけ見ればこの先発起用は大成功だった。

 1回にストレートが最速140キロを計測しているので荻原を技巧派と呼ぶわけにはいかないが、横変化のスライダーとストレートを交えた投球は技巧派に近い味わいがあり、立命館宇治の各打者は翻弄された。5回までに奪ったヒットは3回に岡田蒼司(2年)が放った1本だけ。5つの三振と6個のゴロアウトを見れば、「翻弄された」という表現がぴったりではないか。

 荻原が抑えている間に星稜打線は先制、中押しと順調に得点を重ねていく。2回は髙木の暴投の間に走者が三塁に進み、1番東海林 航介(3年)がカーブを捉えてセンター前に運んで1点。4回には2死三塁の場面で8番岡田 大響(3年)がやはりカーブをセンター前に打ち返して2点目を入れ、6回には先頭の5番大高 正寛(3年)が内野安打、6番山瀬 慎之助(3年)が四球で歩いて無死一、二塁とし、7番福本 陽生(3年)が右中間を破る二塁打を放ち3点目、さらに8番岡田が4回に続いてライト前に2点タイムリーを放って5点目を入れた。

 奥川が投げていない間に5対0で6回表を終えれば、ほとんどの人はこれで勝負はあったと思ったはずだ。しかし、6回に投手を荻原から寺西 成騎(2年)に代えたところから立命館宇治の反撃が始まった。2死三塁から4番浅野彰久(2年)が四球で歩いて一、三塁とし、ここから荒井豪太(2年)、古賀風地(3年)が連続安打を放って2点を返して、ピッチャーは寺西から奥川に代わった。

 奥川が出てきても立命館宇治の攻撃は終わらない。2死一、二塁の場面で7番今野優斗(3年)がレフト前ヒットを放ち、3点目の走者を迎え入れたのだ。ここで注目したいのが立命館宇治のストレートに対する強さだ。荒井のタイムリーは寺西の142キロ、古賀のタイムリーは寺西の142キロ、そして今野のタイムリーは奥川の147キロ――。星稜ベンチがどのような思惑で荻原を先発にしたのかわからないが、6回の立命館宇治の攻撃を見れば技巧派に近い味わいの荻原の起用はストレートに備えた立命館宇治の各打者を大いに迷わせたことは想像に難くない。

 ストレートに万全の準備をして臨んだ立命館宇治に対して奥川は7、8回の2イニング、ストレートを前面に押し出した力の投球で向かった。35球中、ストレートを23球投げ(全体の65.7パーセント)、ストレートの平均球速は149.2キロだった。立命館宇治のストレートに対する備えは6回に2人の打者に投げたことでわかったが、その備えを上回るストレート勝負で臨むというのが今の奥川の気概というか自信である。

 奥川は9回にライトに回り、マウンドには4番手の寺沢 孝多(3年)が立ち、先頭打者を四球で歩かせたが後続を抑え、星稜は5年ぶりとなる3回戦に進出する。

【次のページ】 両チームの個人成績表

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社の優勝で幕を閉じた第101回選手権大会を様々な切り口から振り返る 【ニュース - コラム】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
奥川を打ち崩し履正社が栄冠に輝く!【第101回選手権大会トーナメント表】 【ニュース - 高校野球関連】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第98回 星稜(石川)編「好投手強打者を生んだ名門・星稜のつながり」2019版【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
立命館宇治vs秋田中央【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
星稜 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

耐えて勝て!ままりん 2019.08.12
本来のバッティングの魅力を存分に発揮し、しっかり守り耐えて勝ってください!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る