2019年08月13日 阪神甲子園球場

履正社vs津田学園

第101回全国高等学校野球選手権大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

履正社打線の勢いをつける1番桃谷の存在



桃谷 惟吹(履正社)

 初戦で霞ヶ浦の好投手・鈴木 寛人を攻略した履正社は、津田学園前 佑囲斗も攻略した。

 口火を切ったのは1回戦で2ホーマーを放った1番・桃谷 惟吹履正社)は2回戦でも快打を連発した。いきなり津田学園前 佑囲斗が投じた141キロのストレートをはじき返し、左中間を破る二塁打。さらに第3打席ではスライダーをとらえ左中間を破る二塁打を放った。3回までに6得点。さすがの攻撃だった。

 桃谷の打撃を注目すると、歩幅を広げ、ほぼノーステップに近い形でボールを手元で呼び込む打撃スタイル。今春のセンバツで奥川 恭伸に抑え込まれ、今までの打撃フォームでは速球投手から打つことはできないと実感し、打撃フォームを修正した。ノーステップにすることで間合いを取る余裕ができた。

 大会前、一番打者として「初球からどんどん打っていきたい」と桃井は今大会、10打数4安打2本塁打4打点。しかも4安打がすべて長打という強打の1番の勢いが止まらない。

 4回以降、強力な履正社打線の勢いを止めた津田学園降井 隼斗はかなりの好投手であった。

 

 右サイドから投じる直球は常時135キロ~141キロと、何度も140キロ台を計測しており、サイドハンドでこのスピード能力は素晴らしい。さらに125キロ前後のスライダー、120キロ前後のチェンジアップが低めに決まり、特に右打者には内角のボールゾーンからストライクゾーンに入るスライダーを使ったり、低めに落としたりと独特の軌道で勝負する。

 中学時代は遊撃手がメインで、投手の経験はあまりない。高校へ入学して、投手に転向し、最初は上手投げだったが、なかなか合わなかった。内野手時代、横振りで投げることが多く、自然とその投げ方になっていたサイドスローに転向したところ、コントロール、球速も上がり、140キロ台を計測するまでになっていた。

 プレートの三塁側を踏んで、体を沈み込ませ、インステップ。その時、左肩を右打者にぶつける感覚で一気に腕を振りだす。そのフォームは出どころが見にくく、履正社の打者に聞くと、「三塁側からかなり遠くの位置からくる感覚だったので、軌道が慣れず、打ちにくかったです」と全国トップクラスの破壊力を誇る強力打線の打者たちも認めるほどの打ちにくさだった。

 4.2回を投げて1失点、7奪三振の好投。強打の履正社打線相手に自分の実力を示したといっていいだろう。それでも降井は「もっと前を早く助けたかったです」と涙。降井にとって前 佑囲斗は憧れの存在だった。

「ブルペンから周囲を圧倒できるボールがありましたし、前は実力を高めるためにいろいろと取り組んでいる姿はとても参考になりました」と前の存在があったからこそ成長できたと語る。

 能力は全国クラスのものがあり、謙虚にチームのために投げ続けてきた右サイドハンド。努力を続ける姿勢はいつか次のステージで実り、今以上に脚光を浴びるサイドハンドになっているはずだ。

【次のページ】 両チームの個人成績表

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
奥川を打ち崩し履正社が栄冠に輝く!【第101回選手権大会トーナメント表】 【ニュース - 高校野球関連】
この夏光った9人!高校野球ドットコムが選ぶベストナインを発表! 【ニュース - コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第97回 履正社 (大阪)編「大阪桐蔭に並ぶ強豪校となった履正社のつながり」2019版【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第962回 【決勝戦展望】履正社vs星稜の勝負のポイント&キーマンとなる選手は?【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木、奥川、西らの世界クラスのU18投手陣「9名」を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
津田学園vs静岡【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第969回 史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった 青地斗舞(同志社大)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 立教大の阿部慎之助となる!正捕手を目指し、野心を燃やす片山悠(立教大) 【2019年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
津田学園 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る