八戸学院光星、壮絶な打撃戦を制した中でも光った横山、山田の2投手



山田怜卓(八戸学院光星)

甲子園初アーチはバックスクリーン弾 武岡龍世(八戸学院光星)の復活の過程

 青森大会では青森山田を封じ、完投勝利を挙げた横山 海夏凪(みなぎ)は強力打線を誇る・智辯学園相手にも6回途中でマウンドを降りるも、5回まで1失点の投球を見せた。

 左投手ながら三塁プレート上に立って投げる左腕で、直球は常時130キロ~136キロを計測。切れのある直球は智辯学園の打者でも差し込まれるほどの精度の高さもあり、制球も安定。ストレートは右左問わず内角に投げ分けができており、さらに右打者には115キロ前後のチェンジアップ、左打者には115キロ前後のスライダーが外角に決まり、変化球の精度も高い。

 左投手には珍しく、三塁側に立って投げることにより、右打者のチェンジアップがかなり効いており、高めのストレートでも空振りを奪うことができており、ピッチングの幅も広い。

 横山は「右打者のチェンジアップは一番の武器となっており、今日はそれがしっかりと投げられてよかったです。ストレートの走りが良かったことが5回まで無失点に抑えることができたと思います」
 ただ悔やんでいるのは6回途中での降板。

「5回と比べて、思い切り振っても球速が出なくて、スタミナなのか、暑さによってうまく力が出ないのか。嫌な形でマウンドを渡してしまい、申し訳ないと思いました。反省して臨んでいきたいと思います」

 しっかりと自分の武器を理解して投げられる左腕なので、次のステージでも活躍が期待できる左腕といえるだろう。

 また2番手としてマウンドに登ったエースの山田 怜卓も初戦と比べても力が入っていた。コンスタントに常時140キロ~143キロのストレートを投げ込み、自己最速タイの145キロを計測。強力打線・智辯学園に屈することなく投げることができていた。昨秋の東北大会終了後、大肋骨を疲労骨折。寝返りを打つと激痛が走るぐらい何もできなかった。そこで山田は動けない分、食事量を増やし、7キロも増量。リハビリを終え、トレーニングができるようになってから、ウエイトトレーニングに励み、一冬超えて、最速138キロから7キロアップに成功し、常時140キロ台を投げられるまでのサイドハンドへ成長した。

甲子園初アーチはバックスクリーン弾 武岡龍世(八戸学院光星)の復活の過程