2019年08月12日 阪神甲子園球場

海星vs聖光学院

第101回全国高等学校野球選手権大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

柴田蓮人の好投から見えた今大会の象徴



柴田蓮人(海星)※写真=共同通信社

 聖光学院の先発は左腕の須藤 翔(3年)、海星は右腕の柴田 蓮人(3年)と左右の違いこそあれ、ともにストレートが最速でも130キロ前半止まりの技巧派という点で共通点がある。さらに2人に共通するのが厳しい内角攻めを持ち味としている点。球は速くなくても胸元に130キロ前後のストレートが飛び込んでくれば強烈な残像となる。

 左腕の須藤はスターティングメンバーに6人の左打者が並ぶ海星に対して9回までの27アウト中、ゴロアウトを17個記録した。右打者が6人並ぶ聖光学院に対した右腕の柴田は27アウト中、ゴロアウトが14個だったので、ともに持ち味を発揮したと言っていい。

 須藤の9回までの球数が109、柴田が93、この少なさは今大会を象徴している。なぜなら今大会は球審のストライク・アウトのジャッジがこれまでとはだいぶ異なる。具体的に言うと、球審が積極的に「ストライク」をコールしているのだ。

 たとえば柴田が奪った2三振のすべてが3球三振(スリーバント失敗1つ)、須藤が奪った2三振もすべて3球三振だった。ここ数年、時短を目的としてプロ・アマともストライクを積極的に取っていこうという申し合わせがあることをNPBの関係者から教えられた。その効果が甲子園大会では今年になって現れたようである。

 追い込まれたら厳しいコースを突かれて不利になる、という思いがあるのだろう。追い込まれる前に打っていく打者がこの試合に限らず多かった。須藤の109球、柴田の93球からはそういう背景が見えてくる。

 試合をリードしたのは海星だ。4回表には4番・髙谷艦太(3年)の二塁打、5番・坂本芽玖理(3年)のレフト前ヒットで先制し、6回には2番・大串祐貴(3年)がライトスタンドにホームランを放ち、2点差をつけた。対する聖光学院は7回裏に3番・荒牧 樹(3年)が1ボールからの外角のストレートを左中間スタンドに放り込み、3対1で迎えた9回裏には再び荒牧が初球の真ん中ストレートをバックスクリーン左に放り込むソロホームランを放ち1点差に追い上げる。

 しかし、柴田のペースは変わらない。1回から球数は12→10→7→10→12→13→5→13→11と一定している。技巧が際立つ須藤でも6回に19球、9回に22球を投げているのだから、柴田の平常心は大いに評価されていい。ちなみに、須藤が大串に打たれた6回のホームランは内角ストレートだった。得点にこそならなかったが、7回に村上流星(3年)に打たれたライト前ヒットも内角ストレートだった。強烈な武器でも内角球は我が身を傷つける可能性のある〝諸刃の剣″なのである。

 最後に打者走者の全力疾走を見ていこう。私が俊足の目安にする「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」をクリアしたのは海星のほうが多かった。1番・松尾 悠一郎(3年)が3回、8番・浦田俊輔(2年)が3回、7番村上が1回あり、合計で3人8回。聖光学院が2人2回だったので走塁では明らかに海星が上回ったようである。

【次のページ】 両チームの個人成績表

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【前編】興味本位から切り開いた聖光学院への道 プロ注目・佐藤都志也(東洋大学)のルーツ 【ニュース - インタビュー】
【後編】夢追人・佐藤都志也(東洋大学)4年越しの悲願をその手に 【ニュース - インタビュー】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語る、バッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
関東一vs海星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第23回 第25回IBAF 18U世界野球選手権大会に出場した「2012年・大谷世代」のその後【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
八戸学院光星vs海星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第956回 ベスト8をかけた戦い!東海大相模ら 大会10日目4試合のみどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第955回 八戸学院光星vs智辯学園の一戦に要注目!大会7日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第777回 控えからアマチュアの名門を渡り歩きプロの舞台へ!岡野祐一郎(東芝) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第615回 星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」 【2017年インタビュー】
第439回 聖光学院高等学校  鈴木駿輔選手 「大学野球でも二刀流として活躍を目指す」 【2016年インタビュー】
海星 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

海星海星 野球部 OB今日も明日も あさっても 2019.08.15
甲子園での 17年ぶりの 初戦突破 おめでとうございます。 正直 そんなに 勝ててなかったのか?
と 思いました

さかも 相手が 強豪の聖光学院だったので 選手の、みなさんは 今後の試合に 大変な自信が ついたのでは ないかと 思っています。
全国に 海星の先輩が います。
私も 愛知県から 応援しています。
明日の 試合 また 喜びの声を 聞かせて下さい!
海星17年ぶりとなる夏の甲子園における勝利おめでとうカメ大王 2019.08.12
海星(長崎)の皆様は17年ぶりとなる夏の甲子園における勝利おめでとうございます!!☆☆♬
また男女共学後夏の甲子園初勝利誠におめでとうございます!!☆☆♬
それから3年半ぶりとなる甲子園における勝利誠におめでとうございます!!☆☆♬
私はロマンを感じる甲子園における勝利なのです!!☆☆♬
で、今夏の甲子園の初戦では終盤に2打席連続ホームランを打ち込まれて追い上げられましたが、巧く振り切ってくれましたね!!☆☆♬
さらに本日の甲子園では宇部鴻城。高岡商
さらには私の現職の先輩(現ディスカウントショップ勤務)の元彼女がOGの八戸学院光星(卒業当時は光星学院)も、甲子園における勝利を遂げたと知りました
だから私は何重もの喜びもロマンも噛み締めています!!☆☆(^^♪
さて、今夏の甲子園の3回戦の対戦相手は八戸学院光星と、今夏の甲子園では東北地区勢との第2戦ですね
八戸学院光星は光星学院の時からとにかく全力投球の近距離バッティング練習で培った強力打線も持ち味です!!
私は海星の東北地区勢連破を楽しみにしています
それでも勝者には今夏の甲子園の準々決勝では1番負けないで欲しいです!!(厳)
また今夏の甲子園の準々決勝以後も、甲子園における勝利を願いたいです
私も期待しています!!♪
海星サイドの皆様は今夏の甲子園の初戦突破を遂げてから兜の緒をしっかりと締めてまた甲子園における勝利を目指して頑張って下さい
私も岡山から長崎・海星を応援したいです
また岡山から甲子園まで長崎・海星が甲子園における2勝を遂げられるようパワーを送りたいです
ガンバレ海星!!めざせ甲子園における勝利☆☆
海星が今夏の甲子園で八戸学院光星から勝利を遂げることを楽しみにしています
聖光学院聖光!桃ちゃん 2019.08.10
連続甲子園出場スゴすぎです!
絶対勝ちましょう!そして甲子園優勝!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る