岡山学芸館vs広島商の隣県同士の対決は投打ともに逸材が揃う!



長船滉大(岡山学芸館)※写真=共同通信社

 広島商vs岡山学芸館の一戦は最後まで激闘となった。面白い選手が多かった。

 まず広島商の選手を紹介したい。

 2回表、中前安打を放った真鍋 駿(3年)は非常に楽しみな強打の三塁手だった。左足を大きく上げて、独特のタイミングを取る右の強打者で、スイングスピードも鋭く、外角球をしっかりと叩ける右打者だ。さらに6回表にも貴重な左犠飛。今年の広島商の中では最も長打を打てるメカニズムをした選手だろう。

 5回表、勝ち越し本塁打を放った山路 祥都(3年)はボールを強く叩ける捕手。172センチ82キロと恵まれた体格をしていて、パワーも優れている。投手を粘り強くリードする姿も印象的だった。

 6回表、中越え二塁打を放った1番・天井 一輝(3年)も身体能力が優れ、シャープなスイングが光る好打者。ベースランニングも軽快な選手だ。さらに7回表にも貴重な二塁打を放つ。攻守でセンスが感じられ、1回戦で消えるのがもったいない選手だ。

 そして強打の岡山学芸館を6回2失点に抑えたエース・倉本 裕翔(3年)は右サイドから投げ込む常時130キロ~135キロ程度とそれほど球速があるわけではないが、内外角、低めに丹念に投げ分け、スライダー、緩く落ちるカーブを織り交ぜる投球術が光る。

 7回途中でマウンドを降りたが、中尾 要一郎は右サイドから常時135キロ~142キロを計測した右の速球派。サイドハンドで140キロを超えるというのはなかなかいない。この試合ではリリースポイントが乱れてしまったが、140キロを超えるポテンシャルは持っているので、これからは安定感をテーマに続けてほしい。いずれは大学、社会人で台頭する可能性を持った投手だ。

 勝利した岡山学芸館は2回からマウンドを託された中川 響は佐藤貴博監督に「今日はお前に任せたぞ」と言われ、粘り強い投球。左腕のグラブをまっすぐ伸ばし、無駄のない旋回からフィニッシュに入る右のオーバースローで、常時135キロ~139キロの直球、125キロ前後のスライダー、スプリット、カーブを投げ分ける投球。甘く入るボールが痛打されたり、外角主体で踏み込まれたり、長打にされることも多かったが、粘り強く投げ切った精神力の強さは見事だった。

 それが4番の長船 滉大(おさふね・こうだい)だ。第1打席で二塁内野安打を放つと、第3打席では痛烈な右前適時打を放ち、追い上げムードを作った。ボールを手元まで呼び込んで、広角に打ち返す打撃が特徴だ。長船自身、「自分は呼び込んで打つタイプです。4番を打っていますが僕はつなぎの4番です」と語るように長打を狙うことはなく、次につなぐことを考えて打席に立っている。

 また長船は三塁守備も素晴らしいものがある。中学時代は遊撃手だった長船は高校入学後、同期でショートの知念大輔の動きを見て、ショートは無理と断念。三塁をメインにセカンドも守る。三度の守備機会では、軽快に打球をさばき、スピード感溢れる動き、バウンドの合わせ方、抜群の強肩とスローイングは素晴らしいものがあり、「肩の強さには自信がある」と語る。

 知念 大輔は沖縄出身。うるま東ボーイズ時代は沖縄尚学の主将で高校通算32本塁打のセカンド・水谷 留佳とチームメイトだった。「留佳は当時から飛距離がすごくて、自分が1番で、留佳は3番を打ったりしていました」と2人で上位打線を打っていた。甲子園後は連絡を取り合っていて、習志野戦後も連絡。水谷からは「甲子園は良い場所だぞ」といわれていた。実際、グラウンドに立つと「その意味が分かりました」と笑う。

 膝の使い方がうまく低めのボールにも対応ができる左の巧打者だが、実は高校通算17本塁打を打っているパンチ力もある。ちなみに岡山学芸館は進学校で知られ、知念は成績もよく、得意科目は数学だ。

 三塁を守る長船は「普段はかなり優しいですが、野球に入った時は熱い男です」と取材場で見せた知念はグラウンドとは違い、おっとりした性格だった。3回戦以降の岡山学芸館の戦いぶりも注目だ。