動き出したら止まらない!関東一のお家芸が発揮 



谷幸之助(関東一)

3ボールからでも慌てない 甲子園のマウンドには大人になった谷幸之助(関東一)がいた

 関東一は好投手タイプの土屋 大和(3年)と本格派の谷 幸之助(3年)の二枚を擁し、背番号1はコントロールの安定している土屋が付けている。その土屋が1回から集中打を浴びた。自身の野選もあり1死満塁のピンチを背負い、5番南 隼人(3年)にタイムリーを打たれ先制を許す。

 外角主体のピッチングというのが甲子園で打たれる投手の典型で、土屋もその例に漏れない。3回は先頭の2番長坂 陽(3年)に二塁打を打たれ、2死二塁で迎えるのは1回に先制打を許した南。1回は初球をスライダーを狙い打たれているのだが、この回の初球もまさかのスライダーで、南は待ってましたとばかりにバットを出すと打球はレフト前に達し、2点目の走者が生還する。

 4回には4本の長短打を集中され3失点を喫し、ここで谷にバトンを渡したが、正直もっと早く交代してもよかったのではないか思った。ここまで土屋を引っ張ったのは打線の援護射撃があったからだ。

 0対2で迎えた3回裏、4番の平泉 遼馬(3年)が3ボールからの4球を捉えると、打球はセンターの頭を越えるソロホームランとなり反撃の狼煙が上がった。そのあと四死球と二塁打で2死満塁とし、9番土屋が2ボールからの3球目をライト線に運んで3点を加え、4対2と逆転。

 4回表に日本文理が3点入れ、スコアは4対5と再び追いかける展開になるが、4回裏、3~5番のクリーンアップの3連打で2点加え、再逆転。こういう展開での強さは関東一のお家芸と言ってもいい。東東京大会準決勝の日大豊山戦では2対1で迎えた5回に1点、さらに6回に2点、8回に4点入れ、コールド勝ちしている。まさに動き出したら止まらないのが関東一の打線である。

 6回裏は先頭の平泉が三振振り逃げで出塁、バントで二塁に送ったあと6番渋谷 嘉人(3年)が初球をレフト前に運び1点追加。7回は二番手投手の谷 幸之助(3年)が二塁打で出塁、1番の大久保 翔太(3年)が四球で歩いて一、二塁とし、バントで二、三塁に進んだあと3番平川 嶺(3年)がセンター前にヒットを放って2人を迎えた。

 スコアを見れば乱打戦と言っていいが、関東一は2番手の谷が好投し、日本文理の反撃を1点に抑えた。谷の持ち味はストレートの勢いだ。この日の最速は145キロを計測するが、速さ以上にキレのよさが目立った。

 私は注目する投手が登板すると走者がいないときの「投球タイム」を計測する。モーションを開始したときにスタートボタン、投げた球がキャッチャーのミットに収まった瞬間にストップボタンを押して値を求めるのだが、谷は2.3~2.6秒台を計測する。日本文理の先発、南は1.9秒台なのでだいぶ差がある。ちなみに、1.9秒台というのは標準より少し長いくらいである。この投球タイムの長さこそ、谷の下半身主導のピッチングを証明している。ストレートの低めの伸びはその副産物と言っていい。

 野手では関東一の1番大久保、4番平泉と日本文理の5番南に注目した。南は前で紹介したように第1、2打席で初球のスライダーを狙い打つ思い切りのよさ、平泉は無風の甲子園球場のバックスクリーンに打球を打ち込む長打力、そして大久保は第1打席でバント安打を記録し、このときの一塁到達タイムが3.71秒という速さだった。2回戦では二塁、三塁ベースへの到達タイムを見てみたい。