明暗分かれた二人の注目選手 浦和博と西舘 勇陽 



西舘 勇陽(花巻東) 写真:共同通信

四国勢の逆襲か?過去10年間における「初戦勝率」から分析

 一昨日の霞ヶ浦履正社戦と同様に1回の攻防が勝敗を分けた。花巻東の先発、左腕の中森 至(3年)は背番号7が示すように、本職は外野手。といっても岩手県大会では先発が中森、背番号1の西舘 勇陽(3年)がリリーフという試合は珍しくなかった。中森の持ち味は緩急を交えた揺さぶりとボール球を振らせるテクニック。しかし、ストライクとボールがはっきりすれば甲子園に出場してくるようなチームは簡単に誘いには乗らない。

 1回表、中森が投じた球数は35。先頭の塩唐松 宏将(3年)が3ボール2ストライクからセンター前ヒット、1死後、3番が送って2死二塁とし、4番・浦 和博(3年)、5番・宮﨑龍司(3年)が四球で歩いて満塁とし、6番・藤中 壮太(2年)が走者を一掃する二塁打を放って早くも3対0の展開。

 中森は打者として6、8回にヒットを放っているように好センスの持ち主だが、投手としてはストライクゾーンで勝負する勝負度胸に欠け、低めのボールゾーンに逃げる変化球、あるいは外角のボールゾーンに逃げる変化球を多投し、とても鳴門の強打線を抑えられそうには見えなかった。

 二番手の西舘が登板したのは3回から。それまで中森の外角主体の投球に慣れた鳴門各打者は西舘の140キロ台のストレートにも恐れることなく踏み込んできた。3回の先頭、浦の徳島大会の打率は.611。この好成績はだてではない。西舘が腕を振って投じた144キロを難なく左中間に運んで二塁打とし、バントで送ったあと7番打者がライトに犠牲フライを打って4点目が入る。この得点シーンがいとも簡単そうに見え、花巻東の戦意が急速に衰えたように見えた。
 5回には2つの四球とピッチャーのエラーが絡んで1死満塁にしたあと8番・原田 力輝(2年)がセンター前に2点タイムリーを放ち7対0。たった1安打で3点が入ったのである。

 5回裏、花巻東は2つの四球とエラーで2死一、二塁のチャンスを迎え、3番・中村 勇真(3年)がライト線に運ぶ二塁打を放ち2点を返す。四球とエラーが絡めば得点が入るという見本のようなシーンである。8回にも死球とエラーが絡んで1点を返し,9回には1番向久保 怜央(3年)の三塁打、2番・高橋凌(3年)のレフト前ヒットが続いて4点目が入るが、それまでの失点が重すぎた。

 個人技で目立ったのは鳴門の4番浦と花巻東の3番中村とリリーフした西舘。浦は5打席中、3ボールになったのが4回あるように、徹底的にマークされた。それでも3回に二塁打を放って、このときの二塁到達タイムは俊足と認めることができる8.29秒。8回には内野安打を放ち、一塁到達タイムは4.30秒。私の俊足の目安は4.3秒未満なので俊足と言ってもいいだろう。

 花巻東の中村は始動とステップの動きが非常に慎重で、投手の投げる球にいかにタイミングを合わせるか工夫を凝らしているのがわかった。その成果は5回裏の二塁打だけだったが、強烈な一塁ライナーが2本あり、好素材であることは間違いない。

 投手の西舘はストレートの最速が145キロと速く、120キロ台後半のフォークボールのキレも鋭く、指名届を提出すれば秋のドラフトでの指名もありそうだ。ただ、打者が嫌がる内角に腕を振ってストレートを投げられないのが非常に物足りなく見えた。中森の外角主体のピッチングが鳴門各打者の踏み込みを活発化させたのは間違いないが、それを鎮圧する内角攻めを敢行して、味方打線の反撃を誘って欲しかった。

(記事=小関 順二

関連記事はこちらから
鳴門が10安打10得点の猛攻!花巻東との実力校対決を制する!
昨年から大きく成長した西舘勇陽 最速145キロの速球と高速フォークが光る