2019年08月08日 阪神甲子園球場

國學院久我山vs前橋育英

第101回全国高等学校野球選手権大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

粘投&決勝打と投打に渡って活躍!際立つ高下耀介のクレバーさ



國學院久我山のエース・高下耀介

 28年ぶり3回目出場の國學院久我山の原動力となったエース・高下 耀介。188センチ85キロというサイズを見ると、本格派の投球を期待したくなるが、その投球は熟練味があり、メンタルの強さを実感する内容だった。

 高下は体を沈み込んで投げていき、一気に長い腕を繰り出すスリークォーター。130キロ~130キロ中盤の速球を両サイドに投げ分け、120キロ前後のスライダーを低めに集め、打たせて取る投球を見せる。まだ甘い球は多いが、要所で低めに投げ、打たせて取る粘っこい投球が光る。

 立ち上がり、前橋育英打線につかまったが、「相手打線は非常に良くて、踏み込んで打ってくる打線だったのですが、自分は尻上がりに調子を上げていけたので、後半は抑えることができたと思います」と分析する。また春からの成長点として切り替えの上手さを挙げた高下。そのきっかけは準々決勝の関東一戦にある。先発した高下は9回まで3失点に抑える好投を見せていたが、延長10回表に勝ち越し本塁打を浴び、さらに切り替えができずに、2ランホームランを浴びてしまった。ここで切り替えができずに試合を落としたことを悔やんだ高下は切り替えの重要性を学んだ。ここから考え方も変わっていった。たとえ失点したとしても気持ちに出さず、切り替えた。リードする宮崎 恭輔も「考え方が良くなって、考えて投げることができるので、リードしていても意思疎通ができる」とバッテリーの呼吸もよくなっていた。

 また尾崎監督はこんなエピソードを明かしてくれた。「西東京大会ではエラーして、3点ビハインドになってひっくり返した試合があったんですけど、それもあって高下が野手に1つエラーしていいぞといっているんですよね。本当にエラーで1点失ったんですけど(笑)」
 その失点も想定できるほど余裕があったのだ。

 ピッチング以上に活躍を見せたのは打撃。2打席無安打だったが、第3打席では内角直球を振りぬき、右前適時打。第4打席はスライダーをとらえ勝ち越しの中前適時打。さらに第5打席は一塁への内野安打を放ち、7点目。5打数3安打3打点の活躍。

 自身の打撃について高下は「自分は追い込まれても食らいつくことができるのが強みです。投手の心理を考えたら、走者がたまると結構揃えに行く傾向があるので、それをついて行けたと思います」と冷静に安打の要因を語る高下。

想像以上にクレバーな選手で、だからこそ終盤の逆転劇を呼び込む力投ができて、そして打者としても結果を残すことができたのだろう。

【次のページ】 両チームの個人成績表

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模vs近江や明石商vs花咲徳栄など激戦が続いた2回戦16試合のダイジェスト! 【ニュース - コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
ベスト8をかけ東海大相模ら8校が激突する大会10日目4試合のみどころ 【ニュース - コラム】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第952回 優勝候補・智辯和歌山、試合巧者・明徳義塾が登場!大会3日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
國學院久我山vs創価【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
國學院久我山vs東海大菅生【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
國學院久我山vs創価【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
早稲田実業vs國學院久我山【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第943回 ベスト4の壁を乗り越え、甲子園まで登り詰める!攻守の柱・宮崎恭輔(國學院久我山) 【2019年インタビュー】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第849回 潜在能力を発揮させるため 自信と落ち着きある投手に! 野﨑師(都立小平西) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第719回 丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる 【2018年インタビュー】
國學院久我山 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

國學院久我山1本!高校野球好き☆オヤジ 2019.08.10
都大会から久我山の試合見てきましたが、早実、菅生を撃破したチーム力は本物と感じます。
甲子園でのアルプス一体感の1本 チャンテ☆最高ですねー
勝ち進んで欲しいデス
國學院久我山今回こそ校歌斉唱!久我山OB 2019.08.07
第57回選抜在校生として甲子園に行かせてもらいました。残念ながら校歌を歌うことができなかったのか本当に悔しかったです。
仕事があるので甲子園には行けませんが、今回こそ甲子園で高らかに校歌を歌えるように、応援します。
國學院久我山校歌を一緒に歌わせてください!がんばれ!國學院卒業生 2019.08.06
「見晴るかすもの、みな清らなる」この校歌が歌えること、すごくすごく期待しています。その日は私は都内の病院の通院日。でも急いで間に合うように帰って、TVの前にかじりつきます。もう病気なんかどうでもいい!(笑)今からワクワクしています。
久我山の選手たち、応援に行く人たち、皆さん暑い中でも、どうか今年の夏に、悔いのない輝く試合を見せて下さい。どうか次につながる試合を!まずは1勝!そして2勝!勉強は二の次でいい!(笑)とにかく、頑張ってください。どちらの高校の選手も、怪我しないでくださいね。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る