2019年08月08日 阪神甲子園球場

智辯和歌山vs米子東

第101回全国高等学校野球選手権大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

鉄壁の智辯和歌山 優勝候補という名に違和感なし



池田陽佑(智弁和歌山) 写真:共同通信

来年も米子東は熱い!山内陽太郎、土岐 尚史、岡本大翔の逸材トリオの進化に注目だ!

 シートノックを見ただけで智辯和歌山の充実ぶりがうかがえた。三塁・綾原 創太(2年)、遊撃・西川 晋太郎(3年)、二塁・黒川 史陽(3年)、一塁・久保 亮弥(3年)のフィールディングが華麗で、スローイングのときの強肩も際立った。外野の根来 塁(3年)、細川 凌平(2年)、德丸 天晴(1年)の動きもよく、ここに実戦では東妻 純平(3年)が捕手として加わり、〝鉄壁″という言葉を違和感なく口にできた。この守備陣が試合でもチームの勝利に貢献した。

 2回表、米子東は先頭の岡本 大翔(2年)がレフト前ヒットで出塁し、5番の福島 悠高(3年)が2球目を捉えると打球は三塁線を抜くような鋭い打球となるが三塁の綾原がこれに飛びつき、すぐに起き上がると二塁に送球し、5-4-3の併殺が完成した。

 6回には1点取られて同点となったあと、なおも1死一、二塁のピンチが続き、ここで4番岡本が放った打球は三遊間を抜くようなコースに向うが、遊撃手の西川が懸命に腕を伸ばしてこれを好捕。三塁への送球は三塁手の綾原の足が離れセーフになるが、これがレフトに抜けていれば逆転の走者がホームを踏み、結果は違ったものになったかもしれない。

 試合は6回表終了時点で、大方の人が予想もしなかった1対1の接戦となった。米子東の先発、左腕森下のストレートは最速でも130キロ台前半しか出ないが、これにカーブ、スライダーなどの変化球を交えて、ストレートを速く見せた。5つの三振のうちストレートで奪ったのは4つ。これだけで森下の技巧の冴えがわかる。

 6回裏、智辯和歌山の攻撃陣は森下のボールゾーンに逃げる低めの変化球に手を出さず、ストライクゾーンにくるボールに的を絞った。2死走者なしから5番根来がライト前ヒット、6番東妻 純平が右中間に三塁打を放ち勝ち越し、なおも7番が四球で歩き、8番池田がライト前ヒットで3点目、9番綾原も三塁手のグラブを弾くレフト前ヒットを放ち、4点目を入れ、勝負を決した。

 野手ばかり紹介したが、最も勝利に貢献したのは投手陣だ。先発の池田はセンバツの時点では智辯和歌山に毎年のように出現する右の本格派に見えた。ストレートの最速は速くても142、3キロ止まりで、ここにスライダーなどの変化球を交えて試合は作るが、相手打者を押さえ込む迫力には欠ける。しかし、この日の池田はストレートが最速148キロを計測し、ボールの力は最後まで衰えを見せなかった。変化球はスライダー、カーブにチェンジアップ、フォークボールを加え、8回までの24アウト中、ゴロアウトは14個を数えた。

 勝負の行方が見えた9回表に登板した小林 樹斗(2年)はストレートのキレと速さで目を引いた。先頭の岡本はこの日、池田から3本のヒットを放っている強打者だが、3球すべてストレートという配球で空振りの3球三振、5番の福島 悠高も148キロのストレートで空振りの三振に仕留め、最後の6番土岐 尚史はスライダーでライトフライに打ち取って、チームの2回戦進出を後押しした。

 2枚の全国レベルの本格派右腕を擁し、内・外野は鉄壁の守りで投手を支え、攻撃陣は伝統の破壊力を備える。どこから見ても〝優勝候補″という名に違和感はなく、優勝候補の筆頭に躍り出たと言ってもいいだろう。

【次のページ】 試合後のコメントと両チームの個人成績表

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
この夏光った9人!高校野球ドットコムが選ぶベストナインを発表! 【ニュース - コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
2019年の高校日本代表投手陣は歴代で最強のメンバーだと考えられるわけ 【ニュース - コラム】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木、奥川、西らの世界クラスのU18投手陣「9名」を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs粉河【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs和歌山南陵【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年春の大会 近畿大会】
智辯和歌山 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】
第101回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

智辯和歌山智辯ナイススプリングス 2019.08.08
いやあ、いい試合でしたね~

中谷仁監督も、ベンチで優しげな笑顔も見せるなど

新時代を智辯の今までとは違ったスタイルをつけて、あまり豪快に振り抜かない野球を。今日はそんなスタイルが出ていました。

次の試合、また智辯和歌山の新しい野球を。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る