勝負を分けた初回の攻防


攻守で貢献した武岡龍世(八戸学院光星 ※写真=共同通信社

 1回表の攻防がすべてだった。の先発、左腕の杉本 恭一(3年)に対し、八戸学院光星は1番武岡 龍世(3年)が死球で出塁、2番がバントで送り、3番近藤 遼一(3年)が四球、2死後に5番大江 拓輝(3年)が死球で満塁とし、6番下山 昂大(3年)が1ストライク後の2球目を振り抜くと打球は左中間に飛び込む満塁ホームランとなり、早々と4点を先制した。

 杉本は120キロ台とのストレートに変化球を交え、内・外に揺さぶるコーナーワークに持ち味がある。しかし、この1回は武岡に2ボールから死球、近藤にストレートの四球、大江には初球を死球と、1球もストライクを取れていない。これほどストライクとボールがはっきりしたら打者は好球必打を徹底できる。この1回に杉本が投じた球数は15。プロ野球で最近、ソフトバンクのスアレスが1回に50球を投じて無得点に抑えたことが話題になったが、15球投げただけで4点取られた杉本も逆の意味ですごい。

 杉本は5回投げて4死球、2四球を与えているが、三振も6個取っている。その内の4個の勝負球がスライダー。もちろん、キレ味がよかったわけだが、理由はそれだけではない。八戸学院光星各打者の極端なアッパースイングが低めのボールゾーンに沈むスライダーに空振りを繰り返したのである。序盤の制球難がなければ勝てないまでもこれほどの大差の試合にはならなかっただろう。

 八戸学院光星の先発、後藤 丈海(3年)はストレートが最速142キロを計測したが、ほとんどは130キロ台中盤で、115、6キロのスライダーを交えた内・外の揺さぶりに特徴がある。目立ったのが外角低めのコントロールのよさだ。5回投げて与四死球はゼロ。初回こそ内野手のエラーもあり17球を投じたが、2回から5回は打ち気にはやる打線を翻弄、球数42、奪三振1は杉本と真逆である。

 の攻撃で疑問だったのは0対5で迎えた4回裏だ。先頭の2番手塚陸斗(2年)がレフト前ヒットで出塁したあと3番澤野 聖悠(3年)にバントを命じたのだ。澤野は愛知大会でチーム2位の打率.364を記録し、打点7はチームトップ。最も信頼できるポイントゲッターである。愛知大会を8試合戦い、1点差が2試合、2点差が2試合あり、チームの犠打数26は出場校中4位という多さだから、これがのやり方なのはわかるが、チーム打率.425、本塁打15を誇る強打の八戸学院光星に立ち向かうには弱腰すぎた。

 強打の八戸学院光星でこの日目立ったのは投手の安定感のほうである。青森大会を振り返ると、後藤が投げたのは1試合・1回だけで、2番手の山田 怜卓は4試合・7.1回。最も多く投げたのは横山 海夏凪(3年)の4試合・15回、次が下山の3試合・10.2回なので、結果だけ見れば八戸学院光星は主力を温存できたことになる。2回戦の智辯学園戦で誰が先発してどのようなピッチングをするのか今から楽しみである。

(記事=小関 順二