2019年06月07日 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた

鶴岡東vs盛岡大附

2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

鶴岡東打線が3本塁打10得点で盛岡大附を圧倒!



本塁打を放った丸山蓮(鶴岡東)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 県内ナンバーワンの強力打線の称号を引っさげて登場した鶴岡東と同じく強打が看板の盛岡大附の一戦は活発な打撃戦となった。

 盛岡大附の先発はセンバツでは登板がなかった本郷 勇気(3年)が登板。今大会はエース左腕・阿部 秀俊以外の投手を経験することがテーマであり、本郷は追加登録となった選手だ。関口監督曰く、本郷はストレートの勢いではチームナンバーワンの本郷は横回転気味で投げるフォームが特徴で、ストレートは常時130キロ後半~141キロを計測。ただいきなり死球を与えてしまい、2番山下 陽生は左前安打。その後、一死一、二塁から4番大井 光来がレフトの頭を超える適時二塁打で1点先制。さらに犠飛で2対0と点差を広げる。

 さらに2回表、鶴岡東打線はさらに畳み掛け、2番山下がライトへ3ランホームラン。山下は172センチ68キロだが、シャープなスイングがボールを捉える左の巧打者。センターの守備を見ると守備範囲も広く、攻守ともにバランスが取れた選手といえるだろう。

 盛岡大附は2回裏、5番小川 健成(3年・右投げ右打ち・175センチ75キロ)がライトへ本塁打を放つ。インパクトの瞬間に強い押し込みができる右の強打者でこれで高校通算10本塁打。大正ボーイズ出身の小川は2学年上の比嘉 賢伸(巨人)の父で、大正ボーイズの監督・比嘉 武博氏から盛岡大附進学を進められたのがきっかけである。楽しみな右打者であるだろう。

 その後、盛岡大附はじわじわと攻めていき、内野ゴロと8番島上 眞綾の適時打で、3対5と2点差に追い上げるが、直後の5回表、鶴岡東の強打の3番・丸山 蓮(3年)がレフトオーバーの本塁打で貴重な追加点。丸山は183センチ80キロのがっしり体型の大型スラッガーで、兄は高校通算38本塁打を放った丸山 大(亜細亜大)。甲子園まで進んだ兄に刺激を受け、鶴岡東に進んだ。まだ高校通算9本塁打とのだが、左足を一本足のように上げて力強く踏み込み、弧を大きく描いたスイングから繰り出す打球は実に強烈。また投手もできる丸山は、投打ともに注目していきたい選手だ。

 さらに馬場 和輝の2ラン本塁打。その後も鶴岡東は畳み掛け、8安打ながら、効果的に出た3本塁打が効いて、10得点。盛岡大附の反撃を抑え、10対5で勝利した。

 鶴岡東の破壊力は全国レベルだろう。特に2番・山下、3番・丸山、4番・大井の3人は要注目である。また、一度、リリーフを仰いだが、8.2回と、実質完投勝利の影山 雄貴(3年)は楽しみな大型左腕だった。186センチ80キロと恵まれた体格。さらに、右腕のグラブが高く掲げ、左腕を折りたたむような投げ込むフォームが特徴。本人曰く自然と出来上がったフォームのようだ。

 直球は常時130キロ中盤。120キロ前半のスライダー、120キロ前後のスクリュー気味落ちていくフォークがよく決まり、8奪三振を記録。腕も長く、ボールにも角度がある。次のステージでじっくりと球速が伸びていけばもっと注目される存在となるだろう。

(取材・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佐々木朗希は大谷翔平、菊池雄星らに続けるのか?岩手の学校からプロへ飛び込んだ高卒選手たち 【ニュース - 高校野球関連】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜、関東一が劇的サヨナラ勝ち!ベスト8が出揃う!【第101回選手権大会トーナメント表】 【ニュース - 高校野球関連】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第42回 今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由【101回大会特集】
第41回 習志野の撃破は必然だった 鶴岡東は「個性的な選手」が揃ったチームだ【101回大会特集】
鶴岡東vs習志野【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 習志野、仙台育英、関東一など実力校が登場!ベスト16が出揃う大会9日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
鶴岡東vs高松商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
熊谷商vs和歌山東vs鶴岡東【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
龍谷大平安vs盛岡大附【第91回選抜高等学校野球大会】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第588回 比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」 【2017年インタビュー】
鶴岡東 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
第66回 春季東北地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

盛岡大附俊輔がんばれ。佐々木 2019.06.07
長崎から応援してます。頑張って優勝めざして頑張ってください。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る