2019年06月01日 富山市民球場アルペンスタジアム

星稜vs砺波工 2

2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目の星稜が登場、自信の完封リレーで快勝



星稜のエース・奥川恭伸

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨秋の北信越大会優勝校で、明治神宮大会では準優勝。エース奥川君は、今年のドラフト上位指名候補としても注目を浴びている。今春のセンバツでは初戦では強豪履正社を下したものの、2回戦では準優勝した習志野に敗れた。

 その敗戦もさることながら、別のことでも話題を提供して、その動向が注目されていて一躍メディアの注目校にもなってしまっていた。それでも春季石川県大会を制したのはさすがに実力校である。今大会でも、やはり優勝候補の一つと言って間違いない。

 その星稜に挑む形になったのが、地元開催枠の3位校で出場を果たしている砺波工だ。
 星稜は、県大会はノースローだった注目のエース奥川君が満を持してというよりも、むしろ夏へ向けて、そろそろ様子を見ながらの登板ということだった。山下智将監督も、「当初は4回くらいまでかなと思っていたけれども、球数もそれほど行っていなかったし、本人も行けそうだということで、(1対0で)展開も展開でしたから、行けるところまで行って見ようということで、6回までになった」ということだった。結局6イニングで被安打2、四死球なしで無失点。奪った三振は6つだった。

 奥川君自身も、「立ち上がりは少し緊張もありましたが、コントロール重視でアウトコース低めに投げていくことを心がけた」と言うように、球速どうのこうのというよりも、あくまでも無理のない投球でコースを突いていき、きちんと打たせていくという内容は、スタミナの消耗が激しい夏も見据えてのものだと言っていいであろう。

 ただ、星稜打線も砺波工の黒田君の丁寧な投球にハマってしまい、ことに高目のストレートが見た目以上に球が走っていたということで、打ちあぐんでいた。2回に、二死一二塁から1番東海林君の中前打で1点を奪っていたが、以降は黒田君を打ちあぐんでいた。いくら奥川君が投げているとはいえ、わずか1点だけでは星稜としてもやはり不安である。

 そんな折の7回、星稜は一死から東海林君が一塁線を破る三塁打を放つと、有松君の内野ゴロは野選を誘う。さらに、3番知田君も右中間へ運ぶ二塁打でこの回2点が入り、山下監督としても、安心して奥川君から2番手荻原君につなぐことが出来た。

 荻原君は、交代したすぐには連打でピンチを作りかかったものの、山瀬君の好送球で二塁走者をさせたことですっかり本来の投球を取り戻した。8回、9回は3人ずつで退ける完ぺきな内容だった。

 そして星稜は、8回に東海林君のタイムリー打と有松君の右中間二塁打などでさらに3点を追加した。終わってみれば、スコアとしては6対0。砺波工は4安打で三塁まで走者を進めることすら出来なかった。高橋将志監督としても、仕掛けようがなかったというところであろうか。

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第140回 北信越高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る