2019年06月01日 富山市民球場アルペンスタジアム

星稜vs砺波工

2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

星稜のエース・奥川が選抜後公式戦初登板!夏を見据えた投球を見せる!



星稜のエース・奥川恭伸

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 富山県で行われた春季北信越地区大会1回戦で、星稜のエース・奥川 恭伸投手が選抜後公式戦初登板。

関連記事
奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】
高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!【後編】

 6回を投げて2安打6奪三振無失点、無四球と上々のピッチングを見せました。

 「緊張して、ドキドキしました。コントロール意識で投げましたが、直球もスライダーも良かった。バランスもすごく良かったので、次につながるかなと思います」と振り返った奥川投手。

 選抜後、高校日本代表候補研修合宿に参加しましたが、その後の県大会では肩の不調もあって登板がありませんでした。

 先週の北越(新潟)との練習試合で実戦復帰。この日も今大会まで指揮を執る山下智将監督は短いイニングで継投することを考えていたそうですが、中盤まで1対0と競った展開だったのと、投球数が少なかったこともあって6回まで引っ張りました。

 力みが取れてきた中盤には、球場のスピードガンで最速150キロを計測。このことを聞かれた奥川投手は、「自分が150キロを出すことで、球場の雰囲気を変えられる。それを見にきてくれている方もいるので、意図的に力を入れました。ストレスなく腕が振れるようになってきたので、そのタイミングで力を入れました」と話しました。

 さらに92キロのスローカーブも披露。「試合はで1、2球くらい使う球。打者を前に出させるという意味で使っていますが、そういった球の精度も上げていきたい。投球を幅広く投げる意味では、全部の球の精度を上げるのが今の課題です」と解説してくれました。

 6月になり、夏が刻一刻と近づいているのは感じているそうで、「最後までやれることをしっかりやって、最後の夏はしっかりと楽しんで野球をやろうと思っています」と目標を見据えた奥川投手。この日のピッチングを見て、夏がまた楽しみになってきました。

(文=松倉 雄太

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
星稜が貫録のコールド発進、日本航空石川らシード校も盤石の勝利!【選手権石川大会・15日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
初回に打線爆発!星稜が10得点快勝で3回戦へ! 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第206回 奥川恭伸、さらなるステップアップへ。全国トップクラス・東海大相模打線と対戦して学んだこと【ドラフト特集コラム】
第68回 創部2年目の新勢力が富山に現る!通信制高校・未来富山(富山)【僕らの熱い夏2019】
第935回 奥川恭伸擁する星稜を脅かすチームは?日本航空石川、遊学館が追随する!【石川大会展望】【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・春】
星稜vs健大高崎【2019年 練習試合(交流試合)・春】
星稜vs東海大諏訪【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs砺波工 2【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
習志野vs星稜【第91回選抜高等学校野球大会】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟 【2018年インタビュー】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
星稜 【高校別データ】
砺波工 【高校別データ】
第140回 北信越高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

星稜甲子園優勝つよぺん 2019.05.23
まずは北信越制覇!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る