夏につながる「TOKAI決戦」。お互いが戦力を試す!



石田 隼都(東海大相模)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今年の関東大会決勝は東海大相模vs東海大菅生の「TOKAI決戦」となった。
注目の対決だが、まだ春の関東大会で夏に直結する大会ではない。だからこそいろいろな戦力、起用法が試せる。東海大相模は1年生左腕の石田 隼都東海大菅生は2年生左腕の新倉 寛之と、どちらも下級生投手が先発となった。試合を振り返ると、夏へ向けていろいろな選手を試す雰囲気が見られ、1つの試合でできるだけ多くの選手を見出す筆者にとってはとても面白い試合内容だった。

 1回表、東海大相模の1番・鵜沼 魁斗(2年)が初球を打って、先頭打者本塁打を放つ。今大会打撃好調の鵜沼。重心を下げた構えから小さなステップから打ちに行く選手で、レベルスイングでボールを捉える。間合いの取り方がうまく、速球、変化球に柔軟に対応ができる。パワーがあり、さらに俊足で、守備範囲の広さが光るセンターの守備も魅力。来年の神奈川を代表する外野手となりそうだ。鵜沼の一発で勢いに乗った東海大相模は一死一、二塁のチャンスから5番遠藤 成が変化球をうまく合わせて右前適時打を放ち、さらに6番茂谷 光(2年)の中犠飛で初回に3点を先制する。

 新倉はこの回で降板して、2回表から背番号10の杉浦 敦基が登板。杉浦は身長181センチの左腕で、手足の長さを生かし、角度のある投球フォームから常時125キロ~133キロの直球、120キロ前後のスライダー、100キロ台のカーブを投げ分ける技巧派。順調にいけば、来年には140キロ超えも期待できるだろう。

 東海大菅生は2回裏、一死一、三塁から、一塁走者が挟まる間に三塁走者が生還し、1点を返す。

 2回、3回と無失点に抑えていた杉浦だが、4回表、7番松本 陵雅に本塁打を打たれ、1対4と点差を広げられる。

 松本は今大会からスタメン起用が多くなった二塁手だが、なかなかパンチ力がある。力強いスイングができていて、二塁守備も軽快。背番号14だが、実力としてはさすが東海大相模のレギュラー内野手と実感させるものがあった。

 また東海大相模の石田は3回を投げて1失点の力投。右腕のグラブを高く掲げて、真っ向から振り下ろす左のオーバーハンド。縦回転で動く意識が見られ、腕の振りも力強い。左腕から繰り出す直球は常時130キロ~138キロを計測。勢いのある直球は見事で、120キロ前後のスライダーの精度も高い。

 高校1年生の左腕でコンスタントに135キロ前後をたたき出すスピード能力は別格。がっしり体型で左スリークォーター気味だった小笠原慎之助とは系統が違うが、いずれはストレートで勝負できる速球派左腕へ化けそうな可能性が感じられた。