中村晃太朗が今大会二度目の完封!20回を投げていまだ無失点!



中村晃太朗(東海大菅生)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 勝ち進むごとに強さを発揮する東海大菅生。投打ともに総合力が高い専大松戸相手にも盤石な試合運びを見せた。

 まず突破口を切り開いたのが3番成瀬 脩人だ。第1打席でも安打を放っている成瀬は先頭打者として登場した4回表、第2打席でも安打を放つ。この試合の成瀬は打つ形が非常に良い。悪い時の成瀬は突っ込みにいったり、二度タイミングを取る二度打ちをしたり、体が浮き上がった状態で引ったたくスイングをすることがある。大会序盤はそれが見られたが、徐々にその癖はなくなり、素直にボールを待つことができる。スイング軌道も滑らかで非常に良い軌道で振りぬくことができている。

 さらに成瀬は二盗を仕掛け、また、送球の乱れから三塁に陥れると、4番杉崎 成の左前適時打で1点を先制。その後、一死満塁のチャンスから8番中村 洸星(3年)からレフトへ適時打を放ち、2点目を入れる。

 5回表、2番小山 翔暉が四球で出塁すると、その後、二盗とフライのタッチアップから三塁まで進み、犠飛で3点目のホームを踏む。

 東海大菅生の得点シーンで見逃せないのは1点目、3点目は盗塁が絡んでいること。シーズン前から機動力は強化ポイントに掲げていただけに、ポイントが高い2盗塁だった。

 エース中村 晃太朗は安定感抜群のピッチングを発揮。球場内のスピードガンでは常時125キロ~132キロだが、手元のガンでは常時120キロ後半~135キロと、ストレートの勢い自体はこれまで2試合と比べると格段に良い。120キロ前後のスライダー、スプリット気味のチェンジアップ、110キロ台のカーブを自在に投げ分ける。中村晃の凄いところは真ん中低めに投げようとしたとき、同じ軌道からスライダー、チェンジアップを投げ分けることができること。打者とすれば、判別がしにくいので、相当打ちにくく感じていることだろう。

 内外角へのコントロールも安定しており、専大松戸の打者陣にとって中村のようなテクニシャンサウスポーとの対決は今回が初めて。強打の専大松戸打線を翻弄した。そして9回表、中村晃が自らを援護する適時打を放ち、4対0と点差を広げる。中村は9回を抑え、今大会二度目の完封勝利。ここまで20イニングを投げて18奪三振、4四死球、防御率0.00と抜群の安定感。都大会では不調気味だったが、復活を遂げた。

 敗れた専大松戸はエース・横山 陸人は登板なし。第二のエース・杉田智也は球場のスピードガンで計測した最速139キロのストレートとスライダー、カーブを散らせ、東海大菅生打線を3失点に抑えた投球は夏につながるだろう。

 今大会は横山含めて全4投手が登板。関東大会の経験をどこまで生かし、この夏の千葉を戦っていくのか、注目していきたい。

(文・=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。