攻守ともに盤石な試合運び!東海大菅生が選抜出場の春日部共栄に完勝!



適時打を打つ今江康介(東海大菅生)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 関東大会出場を決めた東海大菅生。春の大会前からこの大会に出場することを重要視していた東海大菅生は、どれだけ中村晃太朗以外の投手の経験を積ませるかテーマにしていた。

 先発マウンドに登ったのはエース中村に次ぐ完成度の高さを誇る左腕・新倉 寛之(2年)。その新倉を援護すべく打線は1回表、5番・西垣 大輝(3年)のレフトへの犠飛で1点を先制。さらに2回表には二死二塁から1番今江 康介(3年)がスライダーを捉え、右前適時打を放ち、2点目を入れる。

 新倉は2回裏、春日部共栄の8番・丸田 輝(3年)の適時打で1点を失ったが、その後は安定感抜群のピッチングでゲームメイク。右腕のグラブを高々と掲げて振り下ろすフォームから繰り出す常時128キロ~133キロのストレート、120キロ前半のスライダー、110キロ前後のスラーブ、100キロ台のカーブを低めに投げ分ける投球で、春日部共栄打線を5回1失点に抑える好投。

 制球力も高く、要所で低めに集める投球ができる投手で、十分な投球内容だった。

 打線は4回表にも1番今江が変化球を捉え、2本目となる適時打を放つ。今江はスクエアスタンスで歩幅を狭めた構えでボールを持ち、レベルスイングで速球、変化球にも対応ができる巧打者。さらに初球から盗塁を決めたり、外野守備でも守備範囲の広さと強肩が光り、走攻守三拍子揃った外野手だ。

 そして7回表、2番小山 翔暉(3年)は春日部共栄村田 賢一からレフトの頭を超える二塁打でチャンスメイクし、3番成瀬 脩人が初球のスライダーを引き付けて適時打。外野守備が少し後ろ気味だったことと、小山の絶妙な走塁も見事だった。また4番杉崎 成が右中間を破る適時三塁打を放ち、5点目。東海大菅生の核である小山、成瀬、杉崎の3人から点を奪い取ったのは非常に大きいといえるだろう。

また敵失で1点を追加し、6対1と点差を大きく広げる。

 そしてエース・中村 晃太朗は安定感抜群のピッチング。走者を出しても要所を締めるピッチングで春日部共栄打線から点を与えない。また、セカンドで途中出場した玉置 真虎は8回裏、センターへ抜けそうな打球をダイビングキャッチで逆シングルでキャッチ。グラブトスをして、そのまま併殺を完成させる超ファインプレーはこの日、一番の歓声が沸いた。

 その後も玉置は好守備を魅せ、正二塁手から代わっても守備力は落ちないところを示した。公式戦では初めて見る成瀬との二遊間コンビだが、呼吸はぴったりだった。

 6対1で春日部共栄に勝利して、準決勝進出を決めた東海大菅生。ほかのチームと比べれば、まだ完全爆発はしていないが、スタメンはこの2試合で全員安打を放っており、どの選手もヒーローになれる。春日部共栄の好投手・村田を攻略したことはポイントが高い。1番・今江、2番・小山が徐々に形になってきている。また堅い守備で新倉を盛り立て、自信をつけさせたのも大きいだろう。

 勝ち進むごとに安定感が増す東海大菅生。準決勝でも盤石な試合運びができるか、注目したい。

(文・=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。