2019年05月20日 埼玉県営大宮公園野球場

東海大相模vs浦和実

2019年春の大会 第71回春季関東大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1年生左腕・石田隼都が好投!茂谷光が打線を牽引しベスト4進出!!



期待の1年生左腕・石田隼都(東海大相模)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 県営大宮公園野球場の第2試合では、東海大相模vs浦和実の一戦が行われた。

 試合前の構図では、浦和実豆田 泰志三田 隼輔の2枚看板が、どこまで東海大相模打線に通用するかに焦点が集まった。

 まずは、ここまでの試合同様に豆田が浦和実のマウンドに上がる。豆田は、135㎞超えのストレートとスライダーやフォークを駆使し、三振を奪える投球が出来る。その豆田の立ち上がりは、3番・西川 僚祐に四球を与えるが後続を三振に切って取る危なげない立ち上がりをみせる。

 対する東海大相模の先発は、1年生左腕・石田 隼都が大事な準々決勝に上がった。大きく振りかぶってから、左腕を下に真っ直ぐ降ろしてそこから勢いよく打者に向かって投球する。スライダーの切れやストレート伸びは、今後の伸びしろを期待せずにはいられない好左腕ではないだろうか。投げっぷりも良く、声を上げて投球する姿はとても1年生とは思えない。

 そしてそれは、結果としても現れる。初回、簡単に二死を奪うがヒットと四球を許し二死一、二塁となる。続く、5番・水谷優希がセンター前に弾きかえす。すると、センターの鵜沼 魁斗が自慢の強肩を披露しホームタッチアウトで先制は許さない鉄壁な守備を披露。



本塁は阻止する!

 そして、迎えた2回裏の東海大相模の攻撃。一死から、6番・金城 飛龍の打球は相手のエラーを誘い出塁を果たす。続く、茂谷 光がライト線を破るツーベースで一死二、三塁と好機を演出する。

 すると、東海大相模ベンチは8番・萩原 義輝の打席でスクイズを敢行。これが、見事に決まり先制に成功。そして、二塁ランナーの茂谷もホームを狙うがここはタッチアウトで、ツーランスクイズは成功ならず。何とか、最少失点で豆田が凌ぐ。しかし、豆田も疲労がたまり本調子ではないが、要所で見せるギアを上げたストレートはやはり只者ではないと感じさせた。

 先制点をもらった石田は、気持ちが楽になったのかコースを広く使いバッタバッタと相手を打ち取り最終的には、5回を投げて被安打3、奪三振5、自責点1と申し分のない内容で登板を終えた。この大舞台で、これだけの投球が披露出来るとなると夏の大会は戦力として考えていいだろう。

【次のページ】 東海大相模vs浦和実(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模が史上初の神奈川県大会5連覇達成!鎌倉学園との決勝戦を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模が横浜との一戦を制す!鎌倉学園が関東大会出場を決めた準決勝2試合を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
浦和実vs越ヶ谷【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
浦和実 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
第71回 春季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

浦和実浦実の野球とは?OGの親父 2019.05.21
やはり全国区から集まる東海大相模の野球は、全ての面でレベルが違ってました。が、豆田君は最小限に抑えて役割を果たしたのではないでしょうか。2年生ながらエースとして期待したいですね。夏までにはあと2人の投手を育てないと、豆田→三田では厳しく又打線も今一度組み直すことも必要でしょう。今回の県・関東大会で
気付きがあったと思います。それをこれからの糧にし、
進んでください。期待やし応援します。
浦和実ここまで来ましたかOGの親父 2019.05.20
山梨学院戦は、全員にアッパレ❗️ですね。
特に豆田君が三振をとるごとに、スタンドは騒ついてました。問題の打線も水谷君の活躍もあり、繋がってました。この流れを大切にして、基本に徹してください。
相手はこれまた全国区の東海大相模。
浦実には失うものはなく、得ることだらけですから、
伸び伸びと暴れてください。監督はあまり舞い上がらないように、采配に徹してください。応援に行きますよ。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る