まだまだいる東海大相模の好野手。背番号16・茂谷光が攻守で冴え渡る!



先制点を奪い雄たけびを上げる東海大相模・鵜沼魁斗

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 強打の東海大相模は初戦、木更津総合の好投手・篠木 健太郎との投手戦を制して迎えた2回戦。今度の相手はチーム力の前橋育英。投球術に長けた梶塚 彪雅との一戦。巧みな投球をどうやって崩すのか。注目の2回戦は初回から動く。

 東海大相模1番・鵜沼 魁斗と2番・高嶋 壮汰の連続ヒットでチャンスを作ると、4番・山村 崇嘉がライトヘタイムリーを放ち、東海大相模が幸先よく先制。3回にも1番・鵜沼と3番・山村のヒットで追加点を奪う。

 3番・山村は状況に応じた柔らかいバッティングは、県大会から見せる対応力を関東大会でも見せつける。そして1番・鵜沼は相手投手の始動ともに仕掛けていき、バットを上下に揺らしながらタイミングを取って一気に振り抜く。

 一見すると慌ただしくも見えるが、これでリズムを掴み4安打を記録している。スイング、そして回転の速さがあってこそのフォームだろう。

 4回には2点を奪った東海大相模の先発は背番号11の冨重 英二郎。縦の変化とストレートが武器。ボールは少し荒れるものの力で押し込む投球を披露。

 3回には前橋育英の2番・丸山 大河の犠牲フライ、5回は7番・森脇 真聡のホームランで4対2の東海大相模リードでで折り返す。