捲土重来を期す春日部共栄がコールド発進!11得点の猛攻で栃木工を下す



追加点を挙げる春日部共栄

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 タレントが揃う中で臨んだ選抜甲子園で、高松商に8対0とまさかの大敗を喫した春日部共栄。この春季大会はまさに捲土重来を期す戦いであったが、埼玉県大会では選抜の鬱憤を晴らすかのような見事な戦いぶりを見せて勝ち上がってきた。
 そしてその勢いは、この関東大会でも健在であった。

 まずは初回、春日部共栄は一死一塁の場面から、3番・平尾 柊翔が左中間へのスリーベースヒットを放ってランナーは一塁から一気に生還。さらにその後、二死一、二塁と再びチャンスを拡大すると、6番・平岡 大典もライトへのタイムリースリーベースヒットを放って2点を追加すると、送球が逸れる間にバッターランナーの平岡も一気にホームへ生還する。
 いきなり4点を先制し、早くも春日部共栄が試合の主導権を握る。

 春日部共栄の先発は、エースの村田 賢一。選抜では、コンディション不足からか球にキレがなく、高松商打線に連打を浴びる場面が目立ったが、春季埼玉県大会ではノーヒットノーランを達成するなど好調を維持していた。



好投を見せた先発の村田賢一(春日部共栄)

 この日も、球の切れは抜群であった。直球には非常に威力があり、斜めにスパッと割れるスライダーも効果的に決まっており、栃木工打線にチャンスらしいチャンスすら与えない。
 選抜とは別人のような投球で、チームにさえも勢いをもたらしていく。

 そんな村田の投球に呼応するように、打線は2回以降も栃木工の先発・古内 大陽を攻め続けた。
 2回裏、春日部共栄は1番・黒川 渓のタイムリーツーベースで2点追加すると、さらにその後、3番・平尾にもこの日2本目のタイムリースリーベースが生まれて、さらに2点を追加する。
 3回裏にも、2番・木村 大悟のタイムリーなどで3点を追加して、リードを大量11点と広げた春日部共栄。試合を完全に制圧して、秋の関東大会準優勝は偶然などではなかったことを強く示した。

 試合はそのまま、5回コールの11対0で春日部共栄が勝利し、準々決勝進出を決めた。