「2番・小山 翔暉」どの打者がどの打順でも打てる それが今年の東海大菅生の怖さ!



力投を見せる中村晃太朗(東海大菅生)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 粘り強い戦いで東京を制し、優勝候補として期待がかかる東海大菅生が貫禄の強さを発揮した。

 正直いえば、初回からエンジン全開ではなく、いきなり無死一、二塁のピンチ。その後、一死一、二塁のピンチから遊撃手・成瀬 脩人のもとに打球が転がる。成瀬はフォースアウトを試みようとして、三塁に投げたが、これが逸れて本塁を狙われるが、冷静なバックアップでアウト。先制点を封じる。

 そして1回裏、東海大菅生は先頭の今江 康介(3年)が四球で歩く。今江は初級から盗塁を仕掛け、成功。一死三塁のチャンスを広げ、成瀬が右前適時打で先制点を挙げる。

 走者を出しながらもなかなか点を奪うことができなかった東海大菅生だったが、3回裏、一死満塁のチャンスを作り、7番外岡 空也(3年)が初球を打って右前適時打で2点を追加する。

 外岡はオープン戦では2番打者も打つこともあり、さらに本塁打も打てる巧打者。インサイドアウトのスイングでベストタイミングで打てた時は非常に鋭い打球を飛ばす。タイミングの取り方が課題なので、いつでも自分の間合いを呼び込めるようになれば、もっと安打を連発できる選手だ。
 外岡は強肩揃いの東海大菅生の外野手陣の中でも最も強肩。バックホームでは猛チャージに入ってから、勢いよく腕を振っていく送球フォームからほぼライナー性のダイレクト返球を見せる。コントロールが不安定な時もあるが、大学生レベルの強肩で、脚力もパンチ力もある左投げ左打ちの外野手なので、大学など高いステージの関係者から人気株になる存在になりそうだ。

 その後、野選やエースの中村のタイムリーが続き、一挙5点を入れて、6対0とリードする。さらに5回裏にも外岡の内野ゴロの間で1点を追加し、7対0とする。

 投げては中村 晃太朗(3年)が盤石の投球。今回の中村はストレートの走りはいつもほどではなく、常時125キロ~128キロで、最速は130キロ。中村と小山 翔暉のバッテリーはストレートでは勝負ができないと判断し、120キロ中盤のスプリット気味のチェンジアップを決め球に転換。序盤、鋭い打球を見せていた駿台甲府打線も沈黙させ、

 結果的に7回を投げ、8奪三振、1四球、無失点の快投。8奪三振のうち6個は4回以降と中村は自分の持ち味を発揮し、完封発進。コールド勝ちを収めた。