2019年05月19日 上尾市民球場

浦和実vs山梨学院

2019年春の大会 第71回春季関東大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

135キロ前後でも次々と山梨学院の打者を三振に奪う浦和実・豆田の魅力を徹底解剖!



好投を見せる豆田(山梨学院)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 浦和実の2年生右腕・豆田 泰志が魅せた。
今春の埼玉県大会では、関東大会出場がかかった昌平戦で8回途中まで無安打の投球を見せた豆田は前評判通りの投球を見せてくれた。

 1回裏、1番菅野 秀斗、4番野村 健太と山梨学院が誇る巧打者・強打者をいずれもストレートで空振り三振。野村から三振を奪った瞬間、球場はどっと沸く。その三振はその後の快投を予感させるものだった。 

 豆田は次々と強力打線の山梨学院から空振り三振を奪っていく。3回裏には味方のエラーで1点を失ったが、ヒットはスライダーに合わせられただけのシングルヒット。ストレートはまともに打たれていない。では豆田はいったいどんな投手なのか?

 172センチ72キロの右投手の豆田のストレートは常時130キロ~135キロ程度と球速面だけをみると大したことがないように感じてしまうが、豆田のストレートは球速表示では語り切れない魅力がある。回転数の高さはもちろんだが、フォームに無駄な力みがない。いわゆるキレのあるストレートをコントロールよく投げるにはどうすればいいのか、それを教えさせてくれる投手だ。

ノーワインドアップから始動し、ゆったりと左足を上げていき、バランス良く左足を立つ。そこからゆったりと左足をおろしていくが、着地した瞬間から体を駒のように鋭く回転させる。体の鋭い回転によって腕も振られていく感覚だ。体の回転をうまく使えるコツは左腕。テークバックをとった時、半身の態勢からグラブを胸に抱えすぎず、すっと落とす。

 その動きにより、上半身がスムーズに回転できているので、左足に全体重がかかり、躍動感のあるフィニッシュができる。打者に近い距離でリリースができていて、生きたストレートを投げることができる。腕の振り、動きが見えにくいので、タイミングは想像以上に取りにくい投手だと思う。

 4回にはストレート中心で三者連続三振を奪い、4回まで9奪三振と圧巻の投球。

 浦和実山梨学院の技巧派左腕・相沢 利俊の120キロ台のストレート、チェンジアップ、スライダーのコンビネーションに苦しんでいたが、5回表に初安打が飛び出すと二死一、二塁の場面で、8番豆田が振り抜いた打球はレフトへ大きいフライ。しかしレフトは捕球できず、二塁打。この間に二者生還。さらに9番吉田の右前適時打で3点目を入れた。7回表には水谷 優希(3年)がライトスタンドへ飛び込む本塁打で1点を追加し、試合を唯惟に進める。

 7回裏、無死一、二塁のピンチを迎えたところで豆田は交代。6回を投げて11奪三振。注目の4番野村に対してはストレートで2三振を奪い、十分に持ち味を発揮してくれた。

【次のページ】 浦和実vs山梨学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
甲子園初勝利の岡山学芸館!サヨナラで勝利した熊本工の試合を徹底レポート!【第101回選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
熊本工vs山梨学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
山梨学院の吉田健人コーチが、監督である父の背中を追って、6年間書き続けた野球ノートとは? 【ニュース - 高校野球関連】
第954回 実力校・関東一、山梨学院らが登場!広島商vs岡山学芸館の隣県同士の対決にも注目!5日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第12回 山梨学院高等学校(山梨)【4年連続9回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
市立川越vs浦和実【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
浦和実vs浦和学院【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第992回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
東海大相模vs浦和実【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
春日部共栄vs浦和実【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第899回 自信を胸に甲子園で最高のピッチングを!注目度急上昇左腕・駒井 祐亮(山梨学院) 【2019年インタビュー】
浦和実 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
第71回 春季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (5)

浦和実浦実頑張れ!なつ母 2019.05.20
山梨学院戦、とても良い試合でした!
夏の甲子園に向けて、更に頑張れ!
応援しています!
山梨学院よくやった!雄一郎 2019.05.19
山梨学院の皆さんお疲れ様でした。
今大会は野村君もケガから復帰したばかりで他にも多数の有力選手のケガ人がいると聞いたので負けてしまったのは恥じることではありません。この経験を生かし夏に甲子園へ行ってください。
応援しています!
浦和実やるしかないでしよ!OGの親父 2019.05.18
さぁ、いよいよ関東それも相手は全国区の山梨学院。
こんなチャンスを戦えるのは本当に楽しみです。
「いい経験になった」「良く頑張った」で、満足しないで、勝ちにいってください。又夏はAシードですが、謙虚に直向きに諦めず、自分達の為に戦ってください。
いつでも応援に行きますよ。
浦和実雑草魂で頑張れ浦和実業ファン 2019.05.18
初の関東大会‼️
雑草魂で意地にも食らいついて上を目指して下さい
浦和実夏に向けて浦実 2019.05.06
夏の全国を本気で狙うなら選抜出場の山梨学院は今の実力を測るのに絶好の相手だ。チーム力もさることながらデスバ野村などスターもいる。豆田中心にどこまで通用するか真剣勝負で且つ勝利を期待する。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る