2019年05月05日 坊っちゃんスタジアム

明徳義塾vs富岡西

2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾・富岡西「収穫多き」令和初代四国頂点決定戦



夏の高知大会制覇を誓い、ガッツポーズする明徳義塾

 最後は点差こそ離れたものの、明徳義塾富岡西共に収穫多き令和初代四国頂点決定戦だった。

 まず2年ぶり11度目の春季四国大会王者に輝いた明徳義塾について。彼らは「第101回全国高等学校野球選手権高知大会」第1シード獲得に王手をかけるためにも絶対ミッションだった勝利を軸に置きながら、「身体の大きさなどに合わせて、重さとかも変えながらウエイトトレーニングに取り組んできた」(馬淵 史郎監督)成果を富岡西浮橋 幸太(3年・投手・174センチ78キロ・右投左打・阿南市立阿南第一中出身)に対する12安打7得点で発揮した。

 また近年は「らしくない」脆さが目立った守備面も無失策3併殺奪取で大会3試合を通じても失策1の6併殺奪取。「守備面で貢献しようと思った」8番・德永 快人(3年・二塁手・173センチ69キロ・右投左打・河南リトルシニア<奈良>出身)らを中心に好守が随所で光った。

 夏に向けて主力が戻り、今大会6投手が登板した投手陣の整備が為されれば、昨年センバツ以来の甲子園帰還と「四国高校野球盟主」の復権はいっそう近づくことになるだろう。

 対してすでに「第101回全国高等学校野球選手権徳島大会」第1シードが確定している富岡西も、初の四国王者を目指して今出せる全力を出し切った。2回表には「ストレートを狙っていた」6番・安藤 稜平(3年・右翼手・182センチ78キロ・右投右打・阿南市立阿南中出身)が、打った瞬間にそれと解る大会第2号・高校通算6本目となる坊っちゃんスタジアム上段への先制ソロアーチ。

 3回表には二死三塁から3番・坂本 賢哉(3年主将・右翼手・174センチ74キロ・右投左打・阿南市立那賀川中出身)が二走の8番・末広 純平(3年・左翼手・181センチ72キロ・右投右打・阿南市立阿南中出身)とのランエンドヒットを成功させ2点目。

 4回表も安藤の二塁打などで得た無死二・三塁から内野ゴロで同点。その後も一死満塁と逆転の期待を抱かせる展開を作った。

 ただ富岡西の選手たちは次々にその前の場面を悔いる。一死一・三塁から勝ち越しを狙った初球スクイズをウエストされての失敗。昨秋の四国大会1回戦・高知戦などを鑑みれば、その選択肢は名将の頭には十二分に入っていたはずだ。「読まれていましたね」。チームがこの理由を分析し、いかに探究し、次なる戦略を立てていくか。「夏の甲子園初出場」と甲子園初勝利を志す彼らの展開力に期待したい。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
8人中7人が1軍スタート。高卒から独立まで期待大の西武の2019年ドラフトの選手たち 【ニュース - 高校野球関連】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第167回 森木大智だけじゃない!12人の四国の高校野球を盛り上げる好投手たち【高校野球コラム】
第1028回 3年ぶり「高卒ドラフト指名」に期待!四国地区高校野球・2021年を占う【大会展望・総括コラム】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1028回 大学生、社会人の奮闘に「令和版・四国スタイル」。2020年の四国地区高校野球を振り返る【大会展望・総括コラム】
第162回 交流試合の躍進に馬淵監督が語った「生き方」 四国地区高校野球・2020年の3大ニュース【高校野球コラム】
明徳義塾vs聖カタリナ学園【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs鳴門【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
富岡西 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
2019年度 春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

富岡西四国に富岡西の実力あり富岡西を讃える 2019.05.05
決勝まで進めましたね。
すごいじゃないですか!!

私は31年前、埼玉県の浦和市立高が夏の選手権で準決勝まで勝ち上がったのを思い出しました。

試合を重ねるごとに選手達が育っていくという強さを教えられた大会でした。

その話は昭和最後の大会で。さて令和最初の大会で富岡西がどこまで躍進なるか注目です。一つごとに成長を
富岡西富西Fight!!チャーハン竹田 2019.05.05
富西初の四国大会決勝進出本当におめでとうございます!!四国大会優勝まであと少しです!!今ある力を全力で出し切って、全力で楽しんでください!!会場には行けず申し訳ありませんが、陰ながら応援しています!!!!
頑張ってください。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る