2019年05月05日 県営筑豊緑地野球場

西田川ボーイズvs福岡ボーイズ

第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

3番・鍋藤蓮太郎が5打点!西田川ボーイズ打線が決勝進出!



西田川ボーイズの先発・福田将大

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 準決勝を迎えた第25回ゼット旗争奪福岡大会は、第2試合で福岡ボーイズと西田川ボーイズが激突した。これまで堅実な戦いで勝ち上がってきた西田川ボーイズに対して、福岡ボーイズは準決勝までの4試合で、何と46点を叩き出して勝ち上がってきた。これまでの戦いぶりを見ると、福岡ボーイズの豪快さがとても際立つが、まず試合の流れを掴んだのは西田川ボーイズだった。

 先制点は2回裏、西田川ボーイズは一死一、三塁のチャンスを作ると、8番・松田蓮汰のスクイズが決めて三塁ランナーが生還。
 さらに3回裏、今度は一死三塁のチャンスから、3番・鍋藤蓮太郎が犠牲フライを放って追加点。2点を先制し、まずは西田川ボーイズが幸先の良いスタートを切った。



追加点を奪う西田川ボーイズ

 だが、このまま無失点で進むほど福岡ボーイズ打線は甘くない。打線が三周り目に入ると、福岡ボーイズは徐々に西田川ボーイズの先発・福田将大を捕らえ始める。
 5回表、一死満塁から3番・林秀樹がセンターへの犠牲フライを放って1点を返すと、なおも二死一、二塁のチャンスから4番・落合真洋がセンターのタイムリーツーベースを放ってランナー2人が生還する。
 この回3点を挙げて、逆転に成功した福岡ボーイズ。試合の流れを掴み、このまま一気に突き放すかに思われた。

 だが、この試合で勝負強さを見せたのは西田川ボーイズだった。
 5回裏、西田川ボーイズは一死二、三塁のチャンスから3番・鍋藤のライト前タイムリーで同点に追いつくと、6回裏には今度は二死満塁のチャンスを作り、ここで打席に入るのは再び3番の鍋藤。フルカウントからの直球を捉えると、打球はセンターの頭を越える勝ち越しのタイムリースリーベースヒットなる。

 このタイムリーで試合を決定づけた西田川ボーイズは、そのまま6対3で福岡ボーイズを下して決勝進出を決めた。

【次のページ】 西田川ボーイズvs福岡ボーイズ(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第960回 中学生らしからぬ「大人な」好捕手・ 落合真洋(福岡ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
福岡志免ボーイズが初優勝を飾ったゼット旗争奪福岡大会を総括!! 【ニュース - コラム】
第896回 福岡志免ボーイズが初優勝!ゼット旗争奪福岡大会を総括【大会展望・総括コラム】
福岡志免ボーイズが初優勝!準決勝、決勝を徹底レポート【ゼット旗福岡大会】 【ニュース - 中学野球関連】
第918回 無欲で打席に立ち続ける福岡ナンバーワンの長距離砲 葛城陸(九州国際大付) 【2019年インタビュー】
第917回 背中で引っ張る「不言実行」の主将力 中川壱生(九州国際大付) 【2019年インタビュー】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る