2019年05月05日 県営筑豊緑地野球場

福岡志免ボーイズvs小倉ボーイズ

第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

福岡志免ボーイズ打線が力を見せて決勝進出!



好リリーフを見せた齋藤大輝(福岡志免ボーイズ)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 第28回ゼット旗争奪福岡大会も準決勝を迎えた。第1試合のカードは、福岡志免ボーイズと小倉ボーイズ。試合は福岡志免ボーイズ打線が、終始力を見せる展開となった。

 まずは1回、福岡志免ボーイズはヒットやボークなどで一死二、三塁のチャンスを作ると、4番・網治晃佑のセカンドゴロの間に三塁ランナーが生還。なおも二死三塁とチャンスは続き、5番・香野湧志はショートへの内野安打を放ってさらに1点を追加する。

 先制を許した小倉ボーイズは、その裏に4番・末松英竜のタイムリーですぐに1点を返すが、この試合は福岡志免ボーイズ打線に大きな勢いがあった。

 2回表、一死三塁から9番・中村翔斗のタイムリーで追加点を挙げると、3回表には7番・渡邉俊太郎のタイムリーツーベースが飛び出してさらに加点。さらに4回には、1番・本郷秀太に会心のホームランが飛び出し、福岡志免ボーイズは小刻みに点を重ねてリードを着実に広げていく。



追加点を挙げて歓声を上げる小倉ボーイズベンチ

 福岡志免ボーイズの先発は、3回戦にも先発した刈谷信二朗。この日も伸びのある直球を軸に、粘り強く投球を見せる。
 ランナーの出塁こそ許すが、気持ちが切れることなく低めに丁寧に投げ込み、6回を投げて3失点としっかりと試合を作って見せた。

 小刻みに点を重ねてきた福岡志免ボーイズだったが、刈谷の粘り強い投球に後押しされて6回に打線が一気に繋がる。無死満塁から相手のエラーで1点を追加すると、その後も9番・中村翔斗のタイムリースリーベースなどでこの回一挙5得点。これで点差を一気に8点に広げた福岡志免ボーイズは得点を11対3として、6回コールドで小倉ボーイズを破り決勝進出を決めた。

【次のページ】 福岡志免ボーイズvs小倉ボーイズ(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中学野球最高峰の舞台を目指す高山維月(福岡志免ボーイズ)の素顔に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第963回 福岡にいたガチな二刀流・高山維月(福岡志免ボーイズ)が面白い。目標実現へメンタル強化! 【ネクスト球児インタビュー2019年】
中学生らしからぬ「大人な」好捕手・ 落合真洋(福岡ボーイズ) 【ニュース - インタビュー】
第957回 ゼット旗優勝の原動力となった福岡の原石 刈谷信二朗(福岡志免ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第896回 福岡志免ボーイズが初優勝!ゼット旗争奪福岡大会を総括【大会展望・総括コラム】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る