2019年04月22日 鴨池市民球場

大分vs福岡大大濠

2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

「11対10で打ち勝つ」 好投手複数擁する福岡大大濠相手に実現



3試合連続本塁打の星子海勢(福岡大大濠)

 「うちは11対10で勝つゲームを目指しています」
 2回戦の小林西(試合レポート)の勝利後、そう語った大分の松尾監督。まさか次の試合で実現するとはだれが予想しただろうか。140キロを超える投手が3人擁する福岡大大濠相手に実現したのだ。そんな激戦を振り返っていきたい。

 打撃戦の幕開けはこの男の一発から始まった。
 1回表、福岡大大濠は二死三塁から4番星子 海勢の2ランで先制。甘く入ったスライダーを逃さなかった。3試合連続でこれで通算42号。まさに勢いに乗っている。

 しかし1回裏、満塁のチャンスから5番飯塚 和茂福岡大大濠の先発・深浦 幹也の外角直球を逃さず、右中間を破る適時三塁打で逆転に成功した。

 2回表、福岡大大濠は2番山城の適時打ですかさず同点に追いつくと、5回表には敵失、さらに8番新井 廉人の適時打で5点目。

 6回表には3番深浦がライトへ本塁打を放ち、6対3と突き放した。大分としては良くない流れであったが、この男が試合の流れを取り戻した。ここまで不調に苦しんでいた中尾 拓士だった。ストレートを振り抜くとライナー性でライトスタンドに飛び込む同点3ラン。

 松尾監督も「この一発が大きかった」と振り返るように、失策で失点を与えるなど嫌な流れだった大分にとっては勇気を与える一発だった。



2本目の本塁打を放った中尾拓士(大分)

 ここからは取られたら取り返す試合展開に。7回表、福岡大大濠の7番宮本の適時打で勝ち越すが、7回裏、大分は9番小野の左前適時打で同点に追いつく。ここで福岡大大濠は背番号1の山下 舜平大を投入してピンチをしのぐ。

 8回表、福岡大大濠は5番・溝田 翔が左中間に飛び込む3ランを放ち、大きく勝ち越したが、8回裏、中尾がストレートを捉え2打席連続弾。
 「調子は最悪だったので狙い球云々というよりとにかくくらいつくだけでした」

 この試合で高校通算18号、19号。まさに吹っ切れたような当たりだった。捕手の江川 侑斗は「去年の秋にも中尾はこういう2連発を打ったことがあるのですが、まさに今日はそれに近く、ゾーンに入っていましたね」と興奮気味に語った。

 10対9のまま迎えた9回裏。一死から9番小野が左前安打を放ち、1番江川は「とにかくくらいつくだけでした」と振り抜いた打球はライトフェンス直撃の適時三塁打となり同点。そして2番・田中 颯悟が右前適時打を放ち、11対10で逆転サヨナラ。140キロ台の好投手が揃う福岡大大濠投手陣相手にこのサヨナラ劇は大きい。



サヨナラ打の田中颯悟(大分)

 明豊など好投手が揃う大分で勝ち抜くには打ち勝つ試合展開が必要になる。そういう意味でこの勝利の価値の大きさはとてつもないものがある。

 松尾監督は「こういう投手たちから打つために練習をしてきましたから。子供たちは懸命に練習していましたから。それが出たと思います」と選手たちを労った。

 次は世代屈指の左腕・宮城 大弥擁する興南。打線の状態も上がっている興南相手ということでこの試合も苦戦になるに違いない。だが宮城も飲み込む強打を見せることはできるのか。

(文・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
九州王者・西日本短大附を脅かす存在!逸材豊富の福岡大大濠を解析! 【ニュース - コラム】
第898回 九州大会総括 全国クラスの投手陣、高校通算42本塁打のスラッガー...。今年の福岡大大濠はゲキアツ!【大会展望・総括コラム】
興南が決勝進出!エース宮城大弥が投・走で活躍!準決勝2試合を徹底レポート!【春季九州大会】 【ニュース - 高校野球関連】
興南vs大分【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs球磨工【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
大分vs小林西【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs尚志館【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第869回 平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
第95回 選抜初出場!モットーは「目配り・気配り・心配り」! 大分【頑張る!マネージャー】
第864回 いよいよベスト8が出揃う!2年連続ベスト8を狙う智辯和歌山は強打を発揮できるか?大会8日目の見所!【大会展望・総括コラム】
第930回 狙うは日本一の二塁手!先頭打者として勢いをつける打撃を見せたい足立駿(大分)! 【2019年インタビュー】
第930回 好奇心旺盛な姿勢から九州ナンバーワン捕手へ!選抜では江川侑斗の名を広めたい 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第925回 今年の大分高ナンバーワン打者!泥臭い打撃で勝利に貢献したい 中尾拓士(大分) 【2019年インタビュー】
第728回 大分商のスーパー1年生・川瀬堅斗は「野球の天才」 目指すは日本一の投手 【2018年インタビュー】
大分工vs長崎商【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
大分 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
第144回 九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る