2019年04月21日 鹿児島県立鴨池野球場

興南vs神村学園 2

2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

2番・根路銘が決勝打・興南



宮城大弥(興南)

 興南神村学園、沖縄と鹿児島の1位校同士が引き締まった好ゲームを繰り広げた。

 3回までは両者0行進。均衡が破れたのは4回裏だった。興南は一死一塁で5番・金城啓太(3年)がライトスタンドに2ランを放って先制する。

 神村学園は6回表、同じく一死一塁で2番・田本 涼(3年)がレフトスタンドに2ランを放って同点に追いつくと、7回表は二死から連打で一二塁とし、代打・井上泰伸(2年)がレフト線二塁打を放ち、2点を勝ち越した。

 このまま神村学園が勝ち切るかと思われたが、興南は8回裏、4番・宮城 大弥(3年)の犠牲フライ、重盗で再び同点に追いついた。

 興南の勢いに火が付き、9回裏一死からチャンスを作り、最後は2番・根路銘 太希(2年)のサヨナラ打で興南神村学園を5対4で下した。

(文=政 純一郎
(撮影=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第144回 九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る