2019年04月20日 鴨池市民球場

福岡大大濠vs尚志館

2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

U-15代表経験者バッテリーで強打の尚志館を投打で圧倒!



深浦幹也(福岡大大濠)

 福岡3位の福岡大大濠と強打を売りとする尚志館。試合は7対0と思わぬ大差で福岡大大濠がコールド勝ちを収めた。

 大勝を呼び込んだのは福岡大大濠の先発・深浦 幹也(2年・175センチ76キロ・左投げ左打ち)と正捕手の星子 海勢(3年・170センチ79キロ・右投げ右打ち)のバッテリーの活躍が大きいだろう。2人とも侍ジャパンU-15代表を経験した強力なバッテリーである。

 0対0で迎えた3回表、深浦が2点適時打を放つ。そして深浦は目覚ましい投球。「投手を始めたときからこういうフォームになっていました」と語る投球フォームは独特で、右肩のグラブを高々と掲げ、真っ向から振り下ろす投球フォームは小島 和哉(千葉ロッテ)を彷彿させる。何より体の入れ替えがうまく、体幹を鋭く回転できるフォームは大きな可能性を感じさせる。

 そんな深浦のストレートは常時135キロ~138キロを計測。ガンによっては140キロを超えた情報もあり、確かにこれまで筆者のガンで140キロを出した左腕投手と比較しても勢いはそん色がない。回転数が高いストレートは魅力的で、自信とする125キロ前後の縦スライダーも切れが鋭い。

 受ける星子も「大会前の練習から調子が良いなと思っていたのですが、今日は今まで一番良かったですね」と大絶賛。深浦も「ストレートの走りは非常に良かったです」と手ごたえを感じていた。

 鹿児島大会で7本塁打を記録した強打の尚志館打線に対して、リードする星子は「丁寧に投げること。不用意に投げては長打になるので、そこは気を付けながら、しっかりと腕を振らせることを意識した」と、尻上がりに調子を上げていきながら、抑えていく。

【次のページ】 福岡大大濠vs尚志館(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
本日抽選会!今年の福岡は北部、南部どっちが制する?過去10年では北部が圧倒!! 【ニュース - 高校野球関連】
「勝利の方程式」で尚志館打線を抑える!決勝戦を徹底レポート!【NHK旗鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
尚志館vs樟南【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島城西vs尚志館【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
尚志館vs大島【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
桐光学園vs尚志館【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第898回 九州大会総括 全国クラスの投手陣、高校通算42本塁打のスラッガー...。今年の福岡大大濠はゲキアツ!【大会展望・総括コラム】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第707回 古賀悠斗(福岡大大濠―中央大)後編「甲子園、侍ジャパンの経験は大きな財産となった」 【2018年インタビュー】
第703回 古賀悠斗(福岡大大濠ー中央大)前編「打撃では無欲、守備では貪欲に」 【2018年インタビュー】
第568回 古賀悠斗(福岡大大濠) 「捕手転向1年で、誰もが信頼する捕手に」 【2017年インタビュー】
第512回 福岡大大濠 古賀悠斗選手「捕手経験ゼロの僕が成長できた理由」 【2017年インタビュー】
尚志館 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
第144回 九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

尚志館突き進んでください!!春ピー 2019.04.15
尚志館全校応援で向かいます!目の前の一勝を
勝ち取っていってください!全校生徒の思いが届きますように☆彡

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る