2019年03月27日 大阪シティ信用金庫スタジアム

白山リトルシニアvs延岡リトルシニア

第25回日本リトルシニア全国選抜野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

リリーフの中川が好投!白山シニアがタイブレークを制して3回戦へ



好リリーフを見せた中川豪人(白山シニア)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 日本リトルシニア全国選抜野球大会2回戦、大阪シティ信用金庫スタジアムでの第2試合は、石川の白山リトルシニアと宮崎の延岡リトルシニアの対決となった。
 2年連続6度目の出場となった白山シニアに対して、延岡シニアは初出場。対照的な両チームの対戦となったが、試合はタイブレークまでもつれる激戦となった。

 試合は初回から激しく動く。
 1回表、白山シニアは1番・吉田創登がいきなりスリーベースを放ってチャンスメイクすると、延岡シニアの守備の乱れに乗じて1点を先制。さらにその後、一死二、三塁とチャンスを広げると、5番・向慶人のタイムリーや8番・由井駈のタイムリーなどで、この回一挙4得点。白山シニアが試合の主導権を握ったかに見えた。

 だが、延岡シニアも簡単には流れを渡さない。
 1回裏、一死一塁の場面で3番・木切倉稜真がレフト前にヒットを放つと、これを白山シニアのレフトが後逸。相手のミスから1点を返すと、さらにその後、6番・柳瀬昂生のレフト前タイムリーでさらに1点を追加し、この回2点を返す。

 これで波に乗った延岡シニアは、その後も白山シニアにじわじわと攻め立てる。3回裏に、5番・矢野 貴大のスクイズで1点を返すと、3対5と点差が再び2点に広がった後の5回裏、4番・和田悠佑、5番・矢野の連続タイムリーが生まれて遂に同点に追いついた。

 試合はそのまま7回まで点差は動かず、決着はタイブレークへと突入した。大会規定で、タイブレークは一死満塁からスタートする。緊張感が極限に高まる中、タイブレークは始まった。

 8回表、白山シニアは2本のタイムリーで2点を挙げて攻撃を終える。
そして8回裏のマウンドに登るのは、5回途中からマウンドに登っている、背番号10の中川豪人。「スピードがついてきて差し込むことが出来るようになった」と中川清之監督も語る、ストレートを軸に、中川は6番・柳瀬を投手ゴロに打ち取り、続く7番・椎葉虹太も二ゴロに打ち取ってゲームセット。
 白山シニアが、タイブレークの激闘を制して3回戦進出を決めた。

 試合後、白山シニアの中川清之監督は試合を振り返り、タイブレークで2点目を取れたことが、非常に大きかったと強く語った。
 「緊張してミスもありましたが、一球を丁寧にやれとチームのモットーとして言ってきました。8回の攻撃でエンドランで1点止まりではなく2点目を取れたのが、選手にとっても大きかったと思います」

 また好リリーフを見せ中川豪人は、「最後はとても緊張しましたが、絶対に抑えるという気持ちもって投げました。1回戦に投げた時よりも、球が伸びていましたし、変化球も切れていました」と話し、自身のピッチングに納得の表情を見せた。

 3回戦進出を決めた浦和シニアは、明日28日に富田林総合スポーツ公園野球場にて、白山リトルシニアと対戦する。次の試合の戦いぶりにも注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
リトルシニア全国選抜大会も熱戦開催中!2回戦2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る