2019年03月27日 大阪シティ信用金庫スタジアム

浦和リトルシニアvs小金井リトルシニア

第25回日本リトルシニア全国選抜野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

エース・松野が無失点の好投!浦和シニアが3回戦へ



ランニングスリーランを放ってホームインする山田愼之介(浦和シニア)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 日本リトルシニア全国選抜野球大会は、2回戦に突入した。大阪シティ信用金庫スタジアムでの第1試合は、埼玉の浦和リトルシニアと東京の小金井リトルシニアの関東対決となった。
 浦和リトルシニアは、1回戦で大阪の豊中リトルシニアを、小金井リトルシニアは弘前聖愛リトルシニアを破って勝ち上がっており、強豪を撃破したチーム同士の対戦となった。

 試合が動いたのは3回表だった。浦和シニアはヒットなどから一死一、二塁のチャンスを作ると、打席に迎えるのは3番・山田愼之介。
 一打席目でも鋭いスイングでヒットを放っていた山田は、この打席でも力強いスイングでセンターオーバーの打球を放つ。打球が点々とする間に、ランナー二人は生還し、何と打った山田も快足を飛ばしてホームまで帰ってきた。ランニングスリーランホームランで、浦和シニアが3点を先制した。

 浦和シニアは5回にも追加点を挙げる。二死ながら一、二塁のチャンスを作ると、5番本田がライトへのスリーベースヒットを放って2点を追加。点差はこれで5点となり、浦和シニアのペースで試合は進んでいった。



浦和シニアののエース・松野勇大

 浦和シニアの先発は、背番号18のエース・松野勇大。驚くような球威がある訳ではないが、右オーバーから低めに丁寧に球を集める投球が持ち味で、浦和シニアの品田聡一監督も大きな信頼を寄せている。

 「今日は松野が先発だったので、そんなに点は取られないだろうと思ってました。ブルペンではあまり調子は良くなかったのですが、打たせて取っていきなと話していました」
 松野は6回を無失点に抑える好投を見せ、小金井シニア打線を封じ込めた。

 試合はそのまま5対0で、浦和シニアが完封勝利を収めて3回戦進出を決めた。 試合後、品田監督は「松野と山田は昨年から出ていた選手です。こういった舞台は慣れているのかなと思います」と話し、勝利に貢献した二人を称えた。

 また好投を見せた先発の松野は「序盤は変化球が(ストライクが)入らなかったのですが、後半はワンバウンドを投げるつもりで投げると良くなりました。ブルペンではストライクがあまり入らなかったのですが、試合になったら良くなったので安心しました」と語り、安堵の表情を浮かべた。

 3回戦進出を決めた浦和シニアは、明日28日に富田林総合スポーツ公園野球場にて、白山リトルシニアと対戦する。次の試合の戦いぶりも見逃せない。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
再開後の活躍に注目!注目の中学球児8名をピックアップ【関東地区編】 【ニュース - コラム】
第3回 中学通算20本塁打以上のスラッガー2名、スローイングタイム1.9秒台の強肩捕手など関東地区注目8名のスーパー中学生【中学野球逸材コラム】
目標は森友哉選手!打てる捕手として全国優勝に貢献した本田凌太選手(浦和シニア)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1173回 セカンド送球は1.9秒台。スワローズジュニアにも選ばれた本田凌太(浦和シニア)が目指すのは「打てる捕手」  【2020年インタビュー】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る