2019年03月31日 阪神甲子園球場

明石商vs智辯和歌山 2

第91回選抜高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

佐々木朗希への煩悩を吹き飛ばす今大会ナンバーワンゲーム



2本塁打を放った来田涼斗(明石商)※写真=共同通信

 今大会ナンバーワンゲームだった。強打の智辯和歌山に対し、来年のドラフト上位候補、明石商中森 俊介(2年)がどういうピッチングをするのか、試合前の焦点はそこに絞られていた。

 1回表、その中森は智辯和歌山の1、2、4、6番打者に四球を与えて失点してしまう。なおも2死満塁を迎えて7番打者の三塁方向へのボテボテのゴロを中森が捕り切れずさらに1点を追加されてしまうのかと思ったとき、サードの重宮凉(3年)が猛ダッシュしてこれを捕り、素早く一塁へ送球して事なきを得る。2回以降の1点を争うゲーム展開を見れば、このプレーが非常に大きかったことがわかる。

 立ち上がり乱れた中森は2回以降持ち直した。最大の持ち味であるストレートと大きい横変化のスライダーを駆使した右打者に対する横の角度が復活したのだ。左打者には外角をチェンジアップ主体に攻め、ここぞというときの内角球も交えて4回まで初回の1点だけに抑えた。

 明石商打線は1回裏に来田凉斗(2年)が甘く真ん中に入ってくるスライダーをライトスタンドに放り込み同点。続く2番水上 桂(3年)がレフト方向の二塁打で得点圏に進み、バントで三塁へ進んだあと4番のショートゴロの間に生還して2点目を追加する。2回には1死一、三塁の場面で来田がレフトへ犠牲フライを打って3点目を奪い、ピッチャーが中森だけにこのまま明石商が4強に進出するのかと思ったが5回に智辯和歌山は2番西川 晋太郎(3年)、3番黒川 史陽(3年)、4番東妻 純平(3年)が連続長短打を放ち同点に追いつく。ここから9回表までゼロ行進が続き、こうなると甲子園での試合経験が豊富な智辯和歌山が俄然有利になったと、多分甲子園にいる観客もテレビを見ている視聴者も思っただろう。

 この5回の攻防は長く記憶に残る。失投を打ったとか、気の抜けた球を捉えたというのではない。好投手が技術と気力をこめた球を、プロ注目の好打者がやはり技術と気力をみなぎらせて打ち返したのである。見ているほうも気力が奮い立った。

 7回表、智辯和歌山は先頭の4番東妻がレフトの頭上を越す二塁打を放ち、5番のショートゴロで三塁へ進むのだが、ここからの中森のピッチングが凄かった。ストレートの速さが143、145キロと復活し、6番佐藤 樹(3年)にはフルカウントから内角低めのストレートで見逃しの三振に切って取り、そのときの球速が146キロ。佐藤はバットをピクリと動かすこともできずベンチに下がり、7番硲祐二郎(3年)も一塁ゴロに打ち取り、試合は同点のまま終盤に進む。

【次のページ】 明石商vs智辯和歌山 2(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明石商が完封!夏に向けて収穫を得られた沖縄工との一戦を徹底レポート!【招待試合】 【ニュース - 高校野球関連】
京都国際や近江の初戦は?組み合わせをトーナメント表でチェック!【春季近畿大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第79回 令和がスタート。令和元年の怪物候補8名をピックアップ!【高校野球コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 驕ることなく地道に積み上げた鮮烈な甲子園デビューまでのルーツ 中森俊介(明石商)【前編】 【2019年インタビュー】
第948回 柳田悠岐2世を襲名し、2020年の高卒ドライチを狙う!来田涼斗(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 今春の選抜の顔・来田涼斗(明石商)!今、明かされる小・中学時代の伝説!【前編】 【2019年インタビュー】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第869回 平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
第91回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る