10年ぶりの全国の舞台で見えた課題

 東京の王者で10年ぶりに聖地に帰ってきた国士舘。対するは、近畿大会で準優勝の結果を残し、昨夏に続いて2季連続甲子園に来た地元兵庫の明石商

 国士舘の先発はエース・白須 仁久。秋に比べてテイクバックが身体の近くで動く、非常にコンパクトかつ効率的なフォームに進化した。この冬、法政大の三浦 銀二投手のフォームを参考しながらシャドーピッチングでフォームを固めてきた。

 右上手から常時135キロ前後の速球、スライダーを低めに集めた投球が光り、明石商の狭間監督も「白須くんが丁寧な投球ができていました」と敵将もたたえる内容だった。

 その白須は初回、明石商の3番・重宮 涼を併殺打に仕留めるなど、無失点で立ち上がるも、2回に6番・岡田 光にショートへの内野安打と7番・河野 光輝のライト前のヒットで二死一、三塁としてしまう。

 ここを踏ん張りたいマウンドの白須だったが、8番・清水 良と9番・中森 俊介に連続四球で押し出し。明石商に先制点を取られると、続く1番・来田 涼斗にはインハイのボールをライトへ運ばれ3失点。国士舘は3点を追いかける展開となる。

 まずはランナーを出して1点ずつ返していきたい国士舘だが、明石商先発の中森の140キロ台のストレートと130キロ台のスプリット。そして120キロのスライダーにチェンジアップと多彩かつ力のピッチングの前にチャンスが作れない。

 しかし4回、国士舘にチャンスが訪れる。振り逃げで4番・黒澤 孟朗が無死から出塁すると、5番・森中 翼のライト前や、6番・鎌田 州真の併殺崩れなどで二死一、三塁。この場面で8番・白須がセンターへタイムリーを放ち国士舘が1点を返す。

 2回こそ3点を失った白須だったが、それ以降は外角中心にボールを集めて打たせてとる丁寧なピッチング。味方の援護を待ち続けた。