常磐大高がセンバツベスト4の明豊に勝利!明豊は打線が課題に



大畑蓮(明豊)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 明豊は第2試合で常磐大高と対戦した。明豊の先発は甲子園でも好投を見せた146キロ右腕・大畑 蓮(3年)。大畑の登板に合わせて、スカウトはビデオ、スピードガンを取る姿も。真上から無理なく振り下ろせる投球フォームから常時138キロ~143キロのストレートは角度があり、回転数も高く、絶品のストレート。さらに115キロ前後の縦横のスライダー、カーブも投げ分け、1,2回を無失点に抑え、明豊も1回裏に内野ゴロの間に1点を先制したが、3回表、常磐大高は一死二塁から1番服部の適時二塁打、さらに4番所に左前適時打を許し、勝ち越しを許してしまう。


 だが大畑はその後も、140キロ前後のストレート内外角に厳しく投げ分ける投球。ここぞという場面で投げるコーナーいっぱいのストレートは絶品だった。大畑は6回2失点の好投を見せた。本人としては納得いくボールではなかったようだが、公式戦デビューした昨春と比べると、先発でコンスタントで140キロを超え続けることはなかったので、着実にステップアップしているだろう。

 しかし7回表、2番手の狭間 大暉は3番堀口に右中間を破る適時三塁打を浴び、3点目。ただ狭間自体は内容が良く、取られた1点も、エラー絡み。オーバースローから投じる直球は常時135キロ~142キロで、140キロ以上は度々計測し、ストレートのコマンド力も以前よりも高まっており、115キロ前後のスライダーのキレも良い。順調にいけば、来年には145キロ前後は計測できる投手ではないだろうか。川崎監督も「まだ狭間は良い日と悪い日がどちらも見えるのですが、この投球を続けてほしい」と安定したピッチングを期待している。