2019年06月02日 J:COMスタジアム土浦

東海大相模vs常総学院

2019年 練習試合(交流試合)・春 招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

夏の茨城を制するために常総学院に必要なピース



勝った瞬間に雄たけびを上げる紫藤大輝(東海大相模)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 東海大相模常総学院。関東を代表する名門校同士の対戦は終盤勝負にもつれ込んだ。

 東海大相模の先発は遠藤 成。関東大会では木更津総合打線に圧巻の投球を見せたが、今日の常総学院にはうまくいかない。初回は無失点に抑えるも、2回に6番・鈴木琉晟と7番・岡野優翔の連続四死球を皮切りにピンチを招くと、8番・手塚 悠のレフトへのタイムリーで2点を失う苦しい展開。

 さらに3回には4番・菊田 拡和のライトへのタイムリー、4回はバッテリーエラー。そして5回には5番・大高 優成の三塁打で5回までに4失点。今日の遠藤、ストレートは最速145キロを計測。変化球はスライダーにスプリット系があるが、低めを見極められ高めに浮いたボールを痛打される苦しい投球。書くのは簡単だが、決して簡単な攻略方法ではない。それを実行できる常総学院の打力はやはり素晴らしいモノがあると改めて実感させられる。

 追いかける東海大相模は4回には5番・西川 僚祐のセカンドゴロの間に1点を返して迎えた7回、先頭の5番・西川が四球で出塁。その後二死となるが、西川が三塁まで進むと、8番・松本 陵雅がセンターの頭上を越える三塁打で2対4。さらに9番・紫藤 大輝のタイムリーなどで一挙4得点で逆転に成功する。

 リードをもらった東海大相模の2番手・紫藤は130キロ中盤のストレート、120キロ台のスライダーを駆使して常総学院を翻弄。最終回に3番・斉藤 勇人にレフトへ二塁打を許し4番・菊田と対峙するも、空振り三振でゲームセット。東海大相模が何とか5対4で勝利を収めた。

【次のページ】 東海大相模vs常総学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
常総学院の主砲・菊田49号!そして本格派右腕・塙が復活!茨城勢が明豊に連勝した2試合をレポート! 【ニュース - 高校野球関連】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
横浜、東海大相模、慶應義塾!強豪校がひしめく混戦ブロックを徹底分析! 【ニュース - コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs土浦湖北【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第914回 篠木、藤井など来年のドラフト候補生とスーパー1年生たちを徹底紹介!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
第913回 関東大会で評価を挙げた投手と野手は?注目選手のパフォーマンスを徹底分析!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第912回 これからは複数投手制がトレンド。東海大相模、東海大菅生など関東大会出場校の投手運用を振り返る【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第96回 東海大学編「原貢氏によって築かれた『首都の盟主』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
東海大相模vs東海大菅生【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大相模vs山村学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る