2019年06月02日 J:COMスタジアム土浦

東海大相模vs常総学院

2019年 練習試合(交流試合)・春 招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

夏の茨城を制するために常総学院に必要なピース



勝った瞬間に雄たけびを上げる紫藤大輝(東海大相模)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 東海大相模常総学院。関東を代表する名門校同士の対戦は終盤勝負にもつれ込んだ。

 東海大相模の先発は遠藤 成。関東大会では木更津総合打線に圧巻の投球を見せたが、今日の常総学院にはうまくいかない。初回は無失点に抑えるも、2回に6番・鈴木琉晟と7番・岡野優翔の連続四死球を皮切りにピンチを招くと、8番・手塚 悠のレフトへのタイムリーで2点を失う苦しい展開。

 さらに3回には4番・菊田 拡和のライトへのタイムリー、4回はバッテリーエラー。そして5回には5番・大高 優成の三塁打で5回までに4失点。今日の遠藤、ストレートは最速145キロを計測。変化球はスライダーにスプリット系があるが、低めを見極められ高めに浮いたボールを痛打される苦しい投球。書くのは簡単だが、決して簡単な攻略方法ではない。それを実行できる常総学院の打力はやはり素晴らしいモノがあると改めて実感させられる。

 追いかける東海大相模は4回には5番・西川 僚祐のセカンドゴロの間に1点を返して迎えた7回、先頭の5番・西川が四球で出塁。その後二死となるが、西川が三塁まで進むと、8番・松本 陵雅がセンターの頭上を越える三塁打で2対4。さらに9番・紫藤 大輝のタイムリーなどで一挙4得点で逆転に成功する。

 リードをもらった東海大相模の2番手・紫藤は130キロ中盤のストレート、120キロ台のスライダーを駆使して常総学院を翻弄。最終回に3番・斉藤 勇人にレフトへ二塁打を許し4番・菊田と対峙するも、空振り三振でゲームセット。東海大相模が何とか5対4で勝利を収めた。

【次のページ】 東海大相模vs常総学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
菅野智之(東海大相模出身)、100勝投手としてのMLB移籍が実現すれば9年ぶり! 【ニュース - 高校野球関連】
2015年の東海大相模優勝メンバーから4選手が都市対抗野球に出場!! 【ニュース - 高校野球関連】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
常総学院vs浦和学院【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第278回 1998年世代の大学生投手は「松坂世代」「1988年世代」に匹敵する大豊作!世代を牽引する10名と大学再入学の剛速球右腕を紹介【ドラフト特集コラム】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第1022回 2020年の常総学院は一條力真、菊地竜雅のダブルエースだけではない。投打に魅力的な選手が大会に臨む!【後編】【野球部訪問】
第1214回 球速は20キロ近くアップ。常総学院の3年間で大きく化けた189センチ右腕・一條力真の歩み 【2020年インタビュー】
第1209回 茨城最速右腕・菊地竜雅(常総学院)は探求心豊か。菊地を変えた2つの敗戦 【2020年インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る