2019年05月25日 新居浜市営球場

新居浜商vs済美

2019年 練習試合(交流試合)・春 愛媛県立新居浜商業高等学校創立60周年記念招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

昨夏甲子園ベスト4・済美を破った新居浜商の「超素材コンビ」



1回裏三盗から相手失策を誘い先制点を奪った新居浜商・曽我部幸生(3年・中堅手)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 愛媛県立新居浜商業高等学校~1960年4月・新居浜市立新居浜商業高等学校として創立され、1975年には野球部が前年のセンバツ初出場に続き、北四国代表として第57回夏の甲子園初出場準優勝の快挙。東京ヤクルトスワローズ・小川淳司監督がエースだった習志野(千葉)との激しい決勝戦は、今も日本高校野球史と愛媛県民・新居浜市民の記憶に強く刻まれている。

 その後、春は1976・1977年に連続で夏は1979年に甲子園出場。1990年には市立から愛媛県立に移管されて以降は甲子園出場は果たせていないが、近年はユニフォームを1970年代当時に戻し、2018年1月からは同校OBで1979年夏の甲子園経験を持つ田井 修一氏が指揮官に就任。さらに2015年センバツでは今治西の代行監督として1勝をマークした30歳・黒木 太雄氏を部長に据え、彼らは40年ぶりの甲子園を狙う体制を整えようとしている。

 そんな矢先、新居浜商にとって格好の腕試しが「愛媛県立新居浜商業高等学校創立60周年記念招待試合」として訪れた。対戦相手は済美。今季公式戦では秋は県8強、春も県大会初戦敗退(16強)に留まっているとはいえ、昨夏甲子園では4強。当時1年生として全5試合に出場した山田 響(2年・左翼手・右投右打・169センチ75キロ・新居浜ヤングスワローズ出身)は春以降、4試合連続練習試合アーチをかけ、同じく準々決勝・報徳学園(兵庫)戦でスタメンを張った越智 伊吹(2年・三塁手・右投右打・177センチ87キロ・西条ボーイズ出身)もゴールデンウィークの熊本遠征で2打席連発アーチを放つなど、愛媛大会3連覇へ向け急ピッチで力を上げているなど、公式戦では秋・春共に初戦敗退に終わっている新居浜商にとって難敵なのは間違いないところだった。

 しかし、新居浜商は第1試合、そんな盟主と互角以上に渡り合った。原動力となったのはここに来て四国野球関係者の間で好評価が飛び交い始めている「超素材コンビ」である。

 まず存在感を示したのは旧チームでの控えから50メートル5秒9の俊足を買われ、右打ちからスイッチヒッターを経て左打に転向・リードオフマンを務める曽我部幸生(3年・中堅手・164センチ58キロ・右投左打・新居浜市立大生院中出身)だ。1回裏に四球を選び、犠打で二塁へ進むと「相手投手のモーションを見て絶対に行けると思った」三盗を単独で敢行。完全にセーフのタイミングで滑り込むと旧チームからの主力である済美芦谷 泰雅(3年主将・169センチ85キロ・右投右打・伊予三島リトルシニア出身)の送球ミスも重なり先制点を奪ってみせた。



第2試合1回裏バックスクリーン左への130メートル弾3ランを放ちダイヤモンドを一周する済美3番・山田響(2年・左翼手)

 投げては主将・4番を張る最速139キロ右腕・江口勝生(174センチ63キロ・右投左打・伊予三島リトルシニア出身)が「できることを最大限する」意識を9回継続。この日は低めにボールを集め、要所で「スラッター」を使いつつ、3番・芦谷からはストレートで2三振を奪う気迫で122球4安打6奪三振1失点完投。その4安打も打たれたのは1番・山田と5番・森脇悠吏(3年・中堅手・左投左打・175センチ78キロ・南あわじ市・洲本市組合立広田中< 兵庫>出身)の2安打ずつのみだった。

 かくしてこの2人に引っ張られ、新居浜商は1日1000スイングを昨年冬から継続している打線も奮起。2回裏は無死三塁から7番・河野颯(3年・一塁手・右投右打・178センチ88キロ・新居浜市立川東中出身)が初球を叩き2点目。7か表、済美に犠飛で1点を返されても直後の7回裏一死一・三塁から5番・日野匠望(3年・捕手・右投右打・168センチ63キロ・新居浜ヤングスワローズ出身)に対し「めったに出さない」スクイズをタイミングよく出した田井監督の采配も光り、新居浜商が創立60周年を飾る快勝を収めている。

 なお、第2試合では3番・山田のバックスクリーン左への特大130メートル弾となった先制3ランで主導権を握った済美が、山田の2打席連発・3安打6打点を含む14安打3本塁打で圧勝。

 第1試合に続き8番・遊撃手で安定した守備で魅せた明智拓人(右投右打・170センチ71キロ・宇和島ボーイズ出身)、先発4回無失点の林優斗(182センチ85キロ・右投右打・鳴門市大麻中<徳島>出身)、7回表を堂々としたマウンドさばきで締めた水田翔大(167センチ60キロ・右投右打・高知市立青柳中<高知>出身)といった1年生たちも落ち着いたプレーで「安心して見られる」と中矢太監督を喜ばせるなど、両チームにとっては夏に向けて収穫多き2試合となった。

(文・=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新居浜商が「超素材コンビ」の活躍で済美を撃破!2試合の様子を徹底レポート!【新居浜商業創立60周年記念招待試合】 【ニュース - 高校野球関連】
松坂、藤浪....平成の高校野球を彩った怪物投手を一挙紹介! 【ニュース - コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第77回 済美(愛媛)「基本の体をづくりで愛媛夏3連覇をめざす!!」【冬が僕らを強くする2019】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
済美vs高岡商【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
済美vs松山工【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
新居浜商 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

済美坊っちゃん夏将軍は済美へ譲渡 2019.06.18
♪陽光の中にまぶしい笑顔
今済美(ここ)にいるから出会えたね
共に学ぼうこれからは
やれば出来るは魔法の合い言葉
腕をとり肩を組み信じてみようよ
素晴らしい明日が展けるから

まだ夏の優勝は遂げてないですからね、済美の団結力、合言葉で必ず。やれば出来るんですよ、若い力にはそれが可能だ。喜びの輪の中にいる陽光になろうじゃありませんか!
新居浜商愛媛は野球が盛んだね佐牟田雄一 2019.06.12
新居浜商業、がんばれ

俺は頑張ってるぞ!!
(^^)v笑顔が一番
済美済美(素晴らしい明日を展けよう)☆山下純子 2019.06.11
越智伊吹選手は好素材のように見えます。がんばれ!昨夏の星稜との試合で矢野選手が放ったサヨナラ満塁本塁打のような劇的な瞬間を。
愛媛の高校野球稲垣アチョー雅史 2019.06.11
一勝一敗だったね。
おもしろい試合で良かった

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る