2019年04月13日 高知高校旭グラウンド

高知vs八幡浜

2019年 練習試合(交流試合)・春 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

高知・森木 大智「真の大黒柱」への第一歩



7回から3番手として登板した森木 大智(高知)

 高知中3年で軟式球としては驚異的な最速150キロをマークした森木 大智高知1年・184センチ82キロ・右投右打)の高校対外試合デビュー戦となった八幡浜戦。注目のマウンドには第1試合の7回から3番手として登板した。

 結果は3回33球を投げ被安打1・奪三振2・与四球1・無失点の最速144キロ。こと打撃では高校対外試合第1打席で「思い切りよく振っていって」初球をライナーの中前打。第2試合でも5打数2安打1打点1四球1得点と貫録を示しただけに、数字だけ見ればストレートとスライダーで連続三振を奪うなど本人も「一番よかった」と振り返った7回表にスピードガンの準備が間に合わなかったことを差し引いたとしても、「先日のシートバッティング時に球速を測った時には147キロ出ていた」(濵口 佳久監督)点を鑑みれば「やや物足りない」と言わざるを得ないものだった。

 ただし、本人には全く悲壮感はない。というのも森木にとって練習試合の位置づけは「試合の中で課題を出していく」ものだからだ。例えばこの八幡浜戦は登板早々に冬に取り組んできたインステップ修正がなされていないことに気付くも「あえてそのままにして」高校生相手に起こる現象について検証。かつ8・9回は「変化球を投げながら最終的にはストレート中心でしていく」一方法として110キロ台後半のパワーカープを見せ球として選択。最終回一死一・二塁のピンチも2球目に見せ球として続けた118キロカーブで4-6-3併殺を決めて見せた。

 そんな森木がが検証結果を練習でブラッシュアップし、真の成果として示す最初の舞台は5月3日から3日間・愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催される「第72回春季四国地区高等学校野球大会」。大会への意気込みを聞くと「まずはメンバー入りすること」を前提条件としてこんな答えが返ってきた。

 「高いレベルを見てみたいですし、軟式で150キロを出した球場なので、そこを超えてみたいですね」
 この日の高校対外試合デビューをきっかけに、さらに自らの「信念」と「挑戦」を高く、揺るぎなく掲げて。森木 大智は「165キロ・高校通算50本塁打」そして夢舞台で頂点に立つ「真の大黒柱」への道を力強く、確実に歩む。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【動画】明徳義塾、高知高校撃破!隠れた強豪校・高知中央に密着! 【ニュース - 高校野球関連】
「第29回高知県高野連駅伝大会」開催 明徳義塾が11年ぶり制覇! 【ニュース - 高校野球関連】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
高知中央vs城東【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知工【高知県 2019年秋の大会 高知県秋季大会】
第967回 秋季高知県大会を展望  「高知県の2019秋」は四国大会も見据え混戦模様【大会展望・総括コラム】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
高知vs高知商【高知県 2019年夏の大会 第101回選手権高知大会】
第1023回 「最速150キロ1年生・エースナンバーでの『脱力宣言』」 森木 大智(高知) 【2019年インタビュー】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 課題を見つけて、成長するスーパールーキー・森木大智(高知)【前編】 【2019年インタビュー】
四国発
高知 【高校別データ】
八幡浜 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る