2019年03月11日 コザしんきんスタジアム

松山聖陵vs沖縄水産

2019年 練習試合(交流試合)・春 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

松山聖陵が投打で圧倒。センバツへ向け好感触で沖縄最終戦を締めた



2回、タイムリー三塁打を放つ田窪(松山聖陵)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 2年連続で選抜高校野球大会出場を決めた愛媛の松山聖陵。暖かいここ沖縄に7日入りし試合を積み重ねてきた。その沖縄遠征最終戦が秋の王者・沖縄水産。第1試合は接戦をものにし2対1で勝利。お昼が過ぎ、遠征最後のゲームがはじまった。

 2回表、松山聖陵は下位打線がヒットと四球などで一死満塁のチャンスを作りトップへかえす。ここで1番・田窪琉風が、第1打席のヒットに続き右中間へ走者一掃の大きなタイムリー三塁打。続く坂本幸成の中犠飛で田窪が生還。一挙4点を奪った。

 3回は立ち直った沖縄水産上原 一帆の前に、4、5回は二番手登板の上原陸の前にノーヒットだったが6回、一死からヒットと2つの四死球で満塁とする。ここで9番・小川諒大がベンチのサインに応えるスクイズを成功。さらに田窪がこの日2本目となる右中間へのタイムリー三塁打。沖縄出身(名護中)の田窪はこの第2試合、4打数3安打(2三塁打)6打点と大暴れだった。

 それと松山聖陵で目を引いたのが各打者の俊足度。守りに定評ある沖縄水産野手陣をもってしても、内野ゴロでセーフとなる場面があった。常に全力疾走を怠らない姿に好感が持てた。



141Kmをマークした平安山陽(松山聖陵)

 投手陣は先発の大村 侑希が2イニング、続く根本 大蓮が1イニングのみで登板。二人とも、球速は130km前半ではあったが無難にこなした。

 4回からマウンドにあがったアンダースローの中西光樹は115km前後ながら、特有の浮き上がるボールを効果的に使い要所を締める。7回は佐藤宗哉がまたぐと、8回から登板した平安山陽(沖縄出身・大宮中)が快投。135kmから始まると141kmをマーク。最速143kmを記録したこともあるという若き右腕(1年生)は、沖縄水産打線に臆することなく腕を振り続けた。
 9回(交流試合のためコールドゲームなし)にも登板した平安山。この2イニングで140km越えが3度。来る選抜高校野球大会でもベンチ入りが期待されるが、仮に終盤の短いイニングで登板するなら、相手打者にとっては脅威となるかも知れないと感じた逸材だった。

(取材=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏に向けてポイントを稼ぐのはオレたちだ!春の愛媛県大会展望をチェック! 【ニュース - コラム】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
「甲子園初勝利」目指す松山聖陵が練習試合を行う!試合の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
松山聖陵vs尽誠学園・伊東商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
啓新vs生光学園・池田【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第880回 急成長を見せる期待の140キロ一年生コンビ!古波藏 悠悟・石川 愛斗(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第880回 沖縄水産が誇る注目の二遊間の課題!上原 大那・川端 琉一朗 【2019年インタビュー】
第876回 投手として打者として活躍目指す上原 一帆(沖縄水産)のレベルアップの冬【後編】 【2019年インタビュー】
第879回 自他ともに認めるスローイング・金良キャノンに注目! 金良 涼介(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第875回 笑顔あふれる野球小僧・上原 一帆(沖縄水産)の魅力は考える力【前編】 【2019年インタビュー】
高松商vs松山聖陵【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
松山聖陵vs富岡西【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
松山聖陵vs川島【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
沖縄水産 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る