2018年12月28日 Bannister Fieid

四国選抜vs南カリフォルニア選抜

四国選抜オーストラリア遠征 親善試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

四国選抜、香川―黒河リレーで南カリフォルニア選抜を2安打完封!



四国選抜のアップの様子

 12月28日、2年生20名によって構成された四国高野連高校選抜チーム(以下、四国選抜)オーストラリア遠征4日目。前日の27日にクイーンズランド州選抜を9対1と快勝し、親善試合初戦を飾った彼らはこの日、強豪の前評判が高かったアメリカ・南カリフォルニア選抜とダブルヘッダーで対戦した。

 午前中の第1試合先発は高松商左腕・香川 卓摩。初回は二死から内野安打を許したものの後続を絶った香川は2回裏以降は3人で片づけ5三振も奪う安定感を披露。2回裏には失策で出た走者の二盗を永尾 斗摩尽誠学園)が阻み、3回二死から四球で出た走者もけん制で刺すなど、バッテリー間の連携も良好だった。

 6回裏からはクイーンズランド州選抜戦で香川と共に2イニングの試運転を終えていた黒河 竜司英明)が登板。こちらも先頭の8番打者を右前安打で出すも、次打者を併殺で仕留めピンチを脱出。結果、4回を12人で仕留め5奪三振と南カリフォルニア選抜に付け入るスキを与えなかった。

 打線は5回表を除き毎回ランナーを出し、前日は0に終わった盗塁も4打数4安打3盗塁の8番・浪花 鈴太郎(聖カタリナ学園)を筆頭に計7個奪う積極性が光ったが、ホームが遠い展開に。それでも7回表には2四球と4番・永尾の三塁内野安打などでつかんだ二死満塁で6番の代打で登場した井上 治樹(大手前高松)が8球粘った末、フルカウントから押し出し四球を選び虎の子の1点を奪取。終わってみれば1対0。田邉 行雄監督が出発前に目指していた「勝ちに行く野球」を選手たちが体現する形で四国選抜が2安打完封勝利を飾った。

 

 なお、四国選抜の詳しい成績は以下の通りとなっている。

*12月29日監督、選手コメントを追加しました。

四国選抜・田邉 行雄監督
 この試合は是が非でも勝ちたいと思っていたので、早い時期から香川くんと黒河くんの継投を決めていました。香川くんは意気に感じるタイプだし、練習試合でも光るものを見せていたので先発、黒河くんは日本でも安定した投球をしていたので「香川くんの後でも大丈夫」と信頼して2番手にしたのですが、2人とも期待通りの投球をしてくれました。心強かったです。
 打線はスクイズやダブルスチールなど日本らしい野球で攻めたのですが、もどかしい展開になってしまいました。ただ、7回には井上くんがフルカウントから四球をもぎ取って1点を取ってくれた。落ち着いた選球眼でチームに貢献してくれました。

四国選抜・香川 卓摩(高松商)
 クイーンズランド州選抜戦では少し外国のストライクゾーンに対する調整が難しい部分もありましたが、今日は全てのボールがよく、永尾(斗摩・尽誠学園)のリードにも助けられました。アメリカと対戦出来たのはいい経験でしたし、この経験を日本でも必ず活かしていきたいです。

四国選抜・黒河 竜司(英明)
 クイーンズランド州選抜戦から特に緊張はないです。昨日は初回こそ四球を出してしまいましたが、2回以降は修正できましたし、今日も思い切りプレーできました。香川との継投は小学校の選抜チーム以来ですね。高校に入ってからはリリーフ登板ははじめてでしたが、その時を思い出しながら大事なところを任されているやりがいを感じることができました。
 オーストラリア遠征はとてもいい経験になっているし、何よりも楽しめている。香川と2人で完封できたこともうれしかったです。四国選抜としての責任を果たせました。

四国選抜・西村 唯人(高知) このオーストラリア遠征ではある程度ヤマを張って打っていますが、甘い球をしっかり捉えられていますし、うまくアジャストできている。ボールもよく見えていますし、木のバットも打ちやすいです。みんなの状態も上がってきているので自分も好調を維持して全勝したいです。

四国選抜・浪花 鈴太郎(聖カタリナ学園) クイーンズランド州選抜戦ではもう1つのできだったので、今日はノーステップで打ってみました。外国人投手はモーションも独特だし、球筋も見極めなくてはいけませんが、南カリフォルニア選抜戦では目線のブレもなくうまく対応できたので、明日も続けていきたいです。

四国選抜成績
<打撃成績>
*()内数字入りはスタメン選手
(9)    谷本 陸(帝京第五)4打数0安打1四球2三振
(8)    古澤 怜大(明徳義塾)3打数0安打1四球1犠打1盗塁
(5)    西村 唯人(高知)4打数1安打1四球1三振1盗塁
(2)    永尾 斗摩尽誠学園)5打数1安打2三振
(7)    村田 龍哉徳島商)3打数0安打1四球1盗塁
 R    村上 滉典(今治西)0打数0安打1盗塁
  7    森本 迅(川島)0打数0安打
(DH)   浮橋 幸太(富岡西)2打数0安打
 DH    井上 治樹(大手前高松)2打数0安打1打点1四球
(3)    山崎 大智高知商)3打数0安打1四球1三振
(4)    浪花 鈴太郎(聖カタリナ学園)4打数4安打3盗塁
(6)    有持 泰成(鳴門渦潮)4打数0安打1三振
 <投手成績>
香川 卓摩高松商) 5回 71球 打者16人 1安打 1四球 5奪三振  無失点
黒河 竜司英明)  4回 55球 打者12人 1安打 無四球 5奪三振 無失点

※写真・スコア提供 四国高等学校野球連盟

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
四国高野連高校選抜チーム海外派遣事業オーストラリア遠征 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る