2018年11月12日 明治神宮野球場

近畿大vs東日本国際大

2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

緊迫した投手戦を制したのは近畿大



小寺兼功(近畿大)

 2日前の筑波大戦で120球投げた左腕、小寺 兼功(4年)を先発に立てた近畿大首脳陣にとって、どこで2番手のリリーフを送るのか、難しい選択を迫られる試合となった。小寺のストレートのMAXは筑波大戦が143キロ、この日が142キロ。この速くないストレートを見せ球にして真縦に落ちるスライダー、カーブ、チェンジアップを交え、打者の目を高低に揺さぶるピッチングに特徴がある。

 その最大の武器、スライダーに筑波大戦のようなキレがなかった。1回の西川洸、2回の斎田海斗に打たれた二塁打の球種がスライダー。4回まで被安打4、奪三振7、失点0に抑えていても2日前の熱闘の疲れがなかったとは思えない。5回のマウンドに2番手の鷲﨑 淳を送ったのは近畿大ベンチのナイスな選択だった。

 小寺も〝スライダー名人″と形容したくなる技巧派だが、鷲崎は変化球という部分だけに光を当てれば小寺以上の〝変化球名人″である。ストレートの割合がとにかく低い。投げる球のほとんどはカーブ、スライダー、チェンジアップという縦変化。これらの球に東日本国際大打線はまったくついていけない。2イニング目の6回から8回までに奪った三振は5連続を含む8個。ストレートはあったかもしれないがほとんど記憶していない。

 近畿大も打てない。1回裏に2死一塁から4番佐藤輝明(2年・三塁手)、5番谷川 刀麻(3年・右翼手)の連続安打で先取点を奪うが、それ以降、得点はおろか走者を二塁に送ったのも最終回の一度だけ。

 代表決定戦の関西国際大戦が2対1(延長10回)、2日前の筑波大戦が2対1、この日の東日本国際大戦が1対0だから、打てないチームであることは間違いないが、一人ひとりの能力はけっして低くない。とくに得点シーンに絡んだ佐藤、谷川は来年以降、ドラフト候補に挙がってくると思う。それがチーム一体となった力にならない。

 最終打席、先頭打者がヒットを打ったあと、1番打者がバント失敗、2番打者がそれにも懲りずにバントを続け、ようやく一塁走者をセカンドに送るというありさま。5回までの攻撃を振り返ると15アウト中、フライアウトが13個もあった。ここに打撃を見直す余地がありそうだ。

 東日本国際大では5番の齋田 海斗(2年)がよかった。近畿大の佐藤と同様、柳田悠岐(ソフトバンク)を思わせるフルスイングに特徴のある左打者で、2回は小寺のスライダーを捉え、ライト線に二塁打を放っている。2死一塁(スコアは0対1)で迎えた9回の最終打席、〝変化球名人″鷲崎が投じた想定外の137キロストレートを空振りして試合は幕を閉じたが、ストライクゾーンの球を全球空振りする積極的なバッティングは評価していい。

 

(文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第四十九回 明治神宮野球大会 大学の部 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る