2018年11月10日 明治神宮野球場

九州共立大vs立正大

2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

伊藤裕季也が渾身の本塁打で試合を決める!



本塁打を放った伊藤裕季也(立正大)

 今年秋に行われたドラフト会議で指名された選手が両校に2人ずついた。九州共立大は島内颯太郎(投手・広島2位)、久保 拓眞(投手・ヤクルト7位)、立正大は伊藤裕季也(二塁手・DeNA2位)、小郷 裕哉(外野手・楽天7位)だ。まず注目したのは九州共立大の先発で登場した島内。最速は150キロを計測し、6回3分の0を投げて失点2は十分評価していい。ただ、左足でステップしたあと、間(ま)を置かずにすぐ上体が追いかけて行くのが不満だった。このフォームだとテークバック時にしっかりとした割れが作れず、ストレートに伸びやボリュームが生まれない。

 また、走者がいるときボールを長く持ち過ぎて塁審に二度注意された。投球にリズムが生まれないこの日の島内を象徴するシーンで、プロ入り後の課題を指摘されたように私には見えた。

 立正大のドラフト指名コンビ、伊藤と小郷はこの島内を打ち込んだ。3番小郷は1回裏、ショートとレフトの中間あたりにフライを打ち上げ、これをショート、レフト、センターがお見合いをする間に二塁を陥れ、楽天が期待するチャンスメーカーの役割を全うした。0対0で迎えた7回には先頭打者で四球を選び、4番伊藤の3球目に二盗を敢行、キャッチャーの悪送球の間に三塁に進み、先取点のお膳立てをした。

 伊藤はバックネット裏から見るとヤクルトの二塁手、山田哲人にそっくりだ。バットのグリップの位置が高く、これが投球を待つ間にゆらゆらと動く。さらに反動をつけて左足を上げる一本足打法もそっくり。守るポジションもセカンドで、伊藤にとって山田はお手本となる存在なのだろう。

 その真価を発揮したのが7回裏だ。四球で出塁した小郷が二盗とキャッチャーの悪送球で作った無死三塁の場面で打席に立ち、初球のスクイズバント空振りなどでボールカウントを2ボール1ストライクにしたあとの4球目、島内の投じた130キロの変化球を捉えて、均衡を破る2ランホームランをレフトスタンドに放つのだ。球種はツーシームかフォークボールの抜け球だと思われるが、たった1球の失投を見逃さなかったところに価値がある。

 久保は伊藤の2ランのあとマウンドに立った。結果は2イニングを投げ、被安打1、与四球1、奪三振1で失点は0。ストレートの最速は141キロで、投球の中心になったのは130キロ台で横変化するスライダー。正直、ストレートも変化球も、もう少しキレがないとプロでは苦労するだろうと思わされた。時間は十分にあるのでプロ目線で自分の持ち味を検分して、改良できることころは改良してほしい。

 打者走者の各塁到達では私が俊足の目安にする「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」をクリアしたのが立正大の2人2回に対して、敗れた九州共立大が4人8回を記録。この勢いのある九州共立大の打線を8回まで変化球主体で抑えた立正大の先発、糸川亮太(2年)が伊藤裕季也とともに立正大の殊勲者と言っていいだろう。

  

(文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第四十九回 明治神宮野球大会 大学の部 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る