2018年11月12日 明治神宮野球場

札幌大谷vs筑陽学園

2018年 第49回明治神宮野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

札幌大谷・太田、8回までノーヒットノーランの好投で筑陽学園を抑え、決勝進出



8回までノーヒットノーランの好投を見せた太田流星(札幌大谷)

 この大会の2試合、札幌大谷はいずれも初回に得点し、試合を優位に進めている。この試合でも、筑陽学園の先発・西 雄大の立ち上がりを攻める。

 札幌大谷の初回得点に大きな役割を果たしているのが、2試合とも第1打席で出塁している2番の釜萢 大司だ。この試合でも、一死後、内野安打で出塁。4番・西原 健太の右前安打、さらに5番・石鳥 亮には打撃妨害があり、二死満塁。ここで6番・佐藤 颯馬が中前安打を放ち2人が還り、札幌大谷が1回表に2点を先制する。またも初回に点が入ったことについて札幌大谷の船尾隆広監督は、「選手たちも行けるぞという思いで、打っていると思います」と語る。

 しかしながら2回以降は安打などで走者を出しても、盗塁失敗や牽制死で走者を失い、そこからまた安打が出るというちぐはぐさもあって、追加点が入らない。

 5回表に、3番・飯田 柊哉の二塁打に、5番・石鳥、6番・佐藤と安打が続き、1点を追加した。しかし先発投手でもある7番・太田 流星も安打で続いたものの、さらなる追加点は奪えない。6回まで13安打を放ちながら得点は3点だけ。普通であれば、試合の流れは筑陽学園に移りそうなものだが、この日は、先発の太田の投球が素晴らしかった。そもそもこの試合太田が先発したのは、「(エースの)西原の先発を想定していると思ったので、目先を変えたかった」と、札幌大谷の船尾監督は語る。船尾監督とすれば、「5回まで持てば、御の字」という気持ちでいたが、太田は、横手投げから、テンポのいい投球で筑陽学園打線を抑える。

 「今日はスライダーやシュートがうまく投げられました」と言う太田に対し、筑陽学園の江口祐司監督は、「狙い球を絞ることができませんでした。もう少し、コントロールがアバウトかと思っていましたが、コントロールも素晴らしかったし、いざ打ちにいくと、手元で変化していました」と語る。

 太田の投球テンポがいいので、バックも守りやすい。とりわけ、二塁手の釜萢は、位置取り、打球への反応ともに素晴らしく、安打性の当たりを、アウトにする。そして気が付くと、8回が終わって筑陽学園の安打は0。スタンドがざわついてくる。

 その前に札幌大谷は8回表に釜萢、西原の適時打などで2点を追加し、勝利を確実なものにしつつあった。観客の関心は、太田のノーヒットノーランが達成できるかどうか。この大会では1974年の第5回大会の金子隆(日大山形)以来、ノーヒットノーランは出ていない。

 筑陽学園の江口監督は、「九州代表の気持ちを出さないと駄目だぞ」と、選手たちに語る。

 9回裏の筑陽学園の攻撃は2番の福島 悠介から。打順は4巡目に入っている。太田は球速があるわけではないので、徐々に慣れて来てもいいころだ。そして福島の放った右方向への打球が、右翼手の前に落ちて、初安打となると、スタンドからは「あ~」というどよめきが起きた。

 筑陽学園は、ノーヒットノーランを阻止すると、3番・弥富紘介、4番・江原 佑哉と続けて安打が出て、2点を返したものの、5対2で札幌大谷が勝ち、決勝進出を決めた。

 敗れはしたが筑陽学園は、最後に意地はみせた。8月後半から秋季大会が始まっただけに、「まさかここまで野球をするとは思いませんでした」と江口監督は語る。今後に向けては、「全ての面でタフにならないと」と語った。初出場ながら、強い印象を残してこの大会を終え、来年のセンバツを目指すことになる。

 札幌大谷の太田は、ノーヒットノーランはならなかったが、横手投げの投手がここまでの好投をしたことに意味がある。金属バット導入前は、下手投げ、横田投げの投手は多くいたが、金属バットだと当たり損ないでも安打になることもあり、球威のないこうした投手は少なくなっていった。けれども、国際大会を戦う上では、必要な人材である。この試合の太田も三振はわずか2個。それでも抑えることができた。今後さらに球威を増して、緩急の幅を広げることができればと思う。

 勝った札幌大谷、初出場ながら決勝進出を果たし、星稜と優勝を目指して戦うことになる。北海道勢の決勝進出は、田中 将大らを擁して優勝した駒大苫小牧以来、13年ぶりになる。

 

(文=大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
実力校多数の福岡県を制すのは?これまでの結果を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
第101回福岡大会組み合わせが決定!選抜出場の筑陽学園や春優勝の西日本短大附などの初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
第867回 トーナメントで最も面白い準々決勝!激戦4試合のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
明石商vs大分【第91回選抜高等学校野球大会】
筑陽学園vs山梨学院 2【第91回選抜高等学校野球大会】
第11回 センバツで2試合連続マルチヒットの福岡大真(筑陽学園)!フルスイングを貫く理由【センバツ2019】
筑陽学園vs山梨学院【第91回選抜高等学校野球大会】
龍谷大平安vs盛岡大附【第91回選抜高等学校野球大会】
第863回 明豊vs札幌大谷など試合のレベルが一気にグレードアップ!大会7日目の見所!【大会展望・総括コラム】
第860回 広陵vs八戸学院光星が実現するなど見応えたっぷり!大会4日目の見所【大会展望・総括コラム】
第910回 札幌大谷(北海道)西原・飯田バッテリーが語る、選抜への意気込み! 【2019年インタビュー】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
札幌大谷 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
第49回 明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る