明暗を分けた初回の攻防!札幌大谷・増田踏ん張り流れを渡さず



札幌大谷2番手・増田大貴

 東京都大会の決勝戦で、初回の4点を守り切って優勝した国士舘。対する札幌大谷は、この大会の1回戦で、初回の5点が物を言って龍谷大平安を下した。1回に攻撃を仕掛ける両チームだけに、1回表裏の攻防が重要な意味を持って来る。

 国士舘の先発は、都大会の3番からこの大会は1番に背番号が変わった白須 仁久。その立ち上がり、札幌大谷は1番・北本壮一朗がレフト線に二塁打を放つと、2番・釜萢 大司、3番・飯田 柊哉の連続中前安打に足を絡ませ、2点を先制する。さらに飯田を三塁に置いて、5番・石鳥 亮の遊撃手への高いバウンドのゴロが内野安打となり、1点を追加した。

 その裏、札幌大谷の先発マウンドには、身長196センチと長身の1年生・阿部 剣友が立った。大舞台の緊張もあるのか、国士舘の1番・黒川麟太郎をストレートの四球で歩かせる。2番・渡辺 伸太郎が送り、都大会では下位を打っていたが、この試合では3番に上がった鎌田 州真が投前のバント。鎌田の足が速く内野安打となる。4番・黒澤 孟朗は左飛に倒れたが、5番・冨田 洋佑が四球で満塁。国士舘にとっては重要な場面であったが、6番・森中 翼が遊ゴロに倒れ、得点できず。結局初回に得点できなかったことが大きかった。

 2回表一死後、札幌大谷の1番・北村が四球で歩いたところで、国士舘は早くも2番手の左腕・石橋大心を投入。しかし最初の牽制がいきなりボークになり、2番・釜萢の左前安打で1点を追加される。

 札幌大谷は、2回裏にこちらも2番手の1年生・増田 大貴を投入。1回戦で投げた西原 健太太田 流星をいずれは登板させる予定ではあるものの、「そこまで1つでも多くアウトが取れれば」と、札幌大谷の船尾隆広監督は言う。

 増田は、最初は緊張を感じられ、二死一塁から国士舘の1番・黒川に一塁手の横を破りライト線に達する三塁打を打たれ、1点を失う。けれども3回以降は、緩急をつけた投球で、国士舘を翻弄する。最速は120キロ台後半で、100キロ程度のスローボールを混ぜながら、国士舘打線を打ち取る。「打たせて取る投球しかできません。でも球のキレには自信があります」と増田は言う。

 3回表に札幌大谷が石鳥の二塁打などで2点を追加すると、国士舘の3番手・山崎 晟弥が好投したこともあり、試合は膠着状態になる。札幌大谷の好守備があったことも確かだが、国士舘は3回以降パーフェクトに抑えられた都大会の決勝戦同様、中盤は淡白な攻撃が目立つ。「互いに何とかしようとする、ずる賢い子はいません。チームを引っ張る、リーダーの子もいませんね」と、国士舘の永田昌弘監督は語る。

 9回表に国士舘は4番手として中西 健登を投入すると、札幌大谷は石鳥の二塁打などで1点を追加してダメ押しをする。

 9回裏国士舘は疲れのみえる増田から安打3本を集め満塁とし、1番・黒川のライト線への二塁打で2点を入れて追い上げたが、2番・渡辺伸がリリーフした太田に中飛に抑えられ試合終了。7対3で札幌大谷が勝ち、準決勝進出を決めた。

 札幌大谷にすれば、エース・西原を温存しての勝利は大きい。次の対戦相手である筑陽学園も、桐蔭学園戦で序盤の得点で試合を優位に進めただけに、立ち上がりから目が離せない試合になる。

 国士舘は、この試合では悪い面が出てしまった。それでも、途中交代の捕手・吉田 健吾が二盗を阻止するなど、強肩ぶりを発揮。チーム内の競争もあり、底上げをしていきながら、強化をしていってほしい。

  

(文=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。