筑陽学園、関東王者・桐蔭学園を7回コールドで下す!桐蔭学園、失策が響く



ホームランを放った福岡大真(筑陽学園)

 初出場同士の対戦。もっとも桐蔭学園に関しては、長く高校野球をみている人にとっては、全国舞台への復帰戦という意味合いもある。

 ともに複数の投手を擁するチーム。打たせて取るタイプが多いだけに、守りが大きなポイントになる。

 1回裏筑陽学園は、1番・中村 敢晴の右前安打などで一死一、三塁のチャンスを作ったが、桐蔭学園の先発・伊禮海斗が、ここは踏ん張った。

 しかし2回裏は、6番・福岡 大真がセンターオーバーの二塁打を放つと、7番・進藤 勇也の犠打、8番・石川 湧喜のスクイズで、筑陽学園が1点を先制した。「石川はバントがうまくありません。『スクイズ行くか』と言ったら、『練習しているので大丈夫です』と言うからやりました」と、江口祐司監督は語る。江口監督は石川の担任だそうで、普段の学校生活の延長のような雰囲気が、チームをリラックスさせている。

 さらに筑陽学園は、先発投手でもある9番の西 雄大のセンターへの当たりを、桐蔭学園の中堅手が捕り切れず、二塁打となる。その後、連続四死球で満塁となり、3番・弥富紘介、4番・江原 佑哉の連続安打でさらに3点を追加する。

 桐蔭学園の先発・伊禮の状態について、片桐健一監督は、「悪くはなかったけれども、すごくいいわけでもなかったです」と言う。もっとも伊禮投手にすれば、神宮球場のマウンドに、うまく適応できなかったようだ。

 3回裏は、桐蔭学園にとっては、かなり手痛い形で点を失う。

 安打2本で無死一、二塁の場面で、9番・西の遊ゴロを、桐蔭学園の遊撃手・森 敬斗が二塁に送球したところ、暴投となり、まず1点を失う。さらに1番・中村の左前安打で筑陽学園は1点を追加。3番・弥富の遊ゴロを森が今度はボールをこぼして、筑陽学園は1点を追加する。