2018年11月10日 明治神宮野球場

星稜vs広陵

2018年 第49回明治神宮野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

4回に打線爆発で7点の星稜がコールドで広陵を下す



神宮でも好投の奥川恭伸(星稜)

 この夏の甲子園も経験し、今大会ナンバー1とも言われる注目の好投手・奥川 恭伸君のいる星稜。奥川君が、新チームを背負う存在となってどのような投球を見せてくれるのかというのも見どころである。これに対して、名門広陵がどう挑んでいくのかが注目された試合となった。

 初めて経験する神宮球場のマウンド、人工芝の球場で、奥川君はマウンドからの景色を眺めながら、最初は戸惑いながらもすぐに修正できたという。このあたりは、やはり非凡なものがあったと言っていいであろう。

 3回を終わって奥川君は初回に許した安打一本のみで、7三振を奪っていた。最速148キロをマークしていたが、そのストレートのスピードもさることながら、130キロそこそこのフォークボールがあり、これはそう簡単には打てない。まして、秋の新チームでは対処していくのは難しいであろう。広陵の中井哲之監督も、「今の段階であれだけの精度のある投球をされたら、どうしようもない」と脱帽していた。それくらいに、この日の奥川君の内容はよかった。

 もっとも、広陵の先発石原君も、「前日の練習では一番調子がよかった」ということで、中井監督が先発に指名して、その起用に応えて3回までは奥川君に負けず6三振を奪って1安打に抑えていた。

 こうして投手戦の展開になっていくのかと思われたが4回、星稜打線が一気に爆発した。

 この回の星稜は一死後、4番内山君が左翼線へ二塁打を放ちこれが突破口となる。5番に入っている奥川君が右越三塁打して先制。さらに福本君の左前打で2点目。四球後、有松君がしぶとく一二塁間を破って3点目を挙げると、さらに、二死二三塁から山本君、庄司君の1番2番が相次いで内野安打して追加点を挙げ、四球などもあって満塁。ここで内山君がしぶとく三遊間を破るタイムリー打を放ってこの回7点が入った。これで、展開としては一気に星稜に傾いた。

 広陵はさすがに石原君から河野君とつないで、河野君は5回、6回は0に抑えたが、代打の都合で7回からは3人目の森君がマウンドに立った。その森君に対して7回、星稜は内野安打と死球で好機を得て、相手失策などで2点を追加した。そして、その裏も奥川君が内野安打一本は許しつつも危なげなく抑えた。奥川君は打者23人に致して3安打11三振無四球という内容で、球数は78。ほぼ完ぺきと言っていいものだった。

 全く危なげのない勝ち方のように見えた星稜だったが、林和成監督は、「今日は守り勝とうということを言っていました。終盤まではロースコアで競っていく展開になると思っていましたから、まさかこんな形で打線が爆発するとは…」と、ビックリしていた。奥川君の出来に関しては、「投げたいと思っているところへほぼ投げられていたのではないでしょうか」と、安心して見ていられたようだった。

 

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
俳優・吉村卓也が2019年注目の投手を語る! 【ニュース - コラム】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
明治神宮大会で活躍をみせた選手5名を紹介!第2弾!【今日のコム注】 【ニュース - 高校野球関連】
第818回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第817回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟 【2018年インタビュー】
第814回 進化し続ける奥川恭伸 西純矢を攻略した広陵打線でさえも太刀打ちさせず!【大会展望・総括コラム】
第826回 変化球投手から148キロ右腕へ 河野佳(広陵)を変えた2つのキーワード 【2018年インタビュー】
第812回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
星稜vs啓新【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs東海大諏訪【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第752回 来年、日本のエースになるために。修行に臨む金沢の怪腕・奥川恭伸(星稜) 【2018年インタビュー】
第660回 奥川 恭伸(星稜)「全国・世界の頂への第一歩」 【2018年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
第49回 明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

星稜初対戦タフマン 2018.11.05
甲子園でも対戦した記憶がない、接戦を期待

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る